国立大学法人名古屋工業大学理事規則

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 国立大学法人名古屋工業大学(以下「法人」という。)に,国立大学法人法(平成15年法律第112号)第10条第2項の規定に基づき,理事3名を置く。

 (職務)

第2条 理事は,学長の定めるところにより,学長を補佐して法人の業務を掌理し,学長に事故があるときはその職務を代理し,学長が欠員のときはその職務を行う。

2 学長は,名古屋工業大学の教員経験のある理事に副学長の職務を兼務させることができる。

3 理事の職務分担は,学長が定める。

 (理事候補者の選考)

第3条 理事候補者の選考は,学長が行う。

2 前項の選考に際しては,学長が理事候補者を指名し,教授会の意見を聴くものとする。

 (選考の時期)

第4条 理事候補者の選考は,次の各号のいずれかに該当する場合に行う。

 一 理事の任期が満了するとき。

 二 理事が解任されたとき。

 三 理事が辞任を申し出たとき。

 四 理事が欠員となったとき。

2 前項第1号に該当する場合は,任期満了前に,同項第2号,第3号又は第4号に該当する場合は,速やかに選考を行う。

 (理事候補者の資格)

第5条 理事候補者は,人格が高潔で,学識が優れ,かつ,大学における教育研究活動を適切かつ効果的に運営することができる能力を有する者でなければならない。

 (任命)

第6条 理事は,学長が任命する。

2 学長は,理事を任命するに当たっては,その任命の際現に法人の役員又は職員でない者が含まれるようにしなければならない。

3 学長は,第1項の規定により理事を任命したときは,遅滞なく,文部科学大臣に届け出るとともに,これを公表しなければならない。

 (任期)

第7条 理事の任期は,2年とする。

2 前項の規定にかかわらず,理事の任期の末日は,当該理事を任命する学長の任期の末日以前でなければならない。ただし,学長が任期の途中で欠けた場合は引き続き在任し,次期学長が発令される日に辞任するものとする。

3 理事は,再任されることができる。この場合において,当該理事がその最初の任命の際現に法人の役員又は職員でなかったときの前条第2項の適用については,その再任の際現に法人の役員又は職員でない者とみなす。

 (欠格条項)

第8条 政府又は地方公共団体の職員(非常勤の者を除く。)は,理事となることができない。

 (解任)

第9条 学長は,理事が前条の規定により理事となることができない者に該当するに至ったときは,その理事を解任しなければならない。

2 学長は,理事が次の各号のいずれかに該当するとき,その他理事たるに適しないと認めるときは,その理事を解任することができる。

 一 心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認められるとき。

 二 職務上の義務違反があるとき。

3 前項に規定するもののほか,学長は,その任命に係る理事の職務の執行が適当でないため法人の業務の実績が悪化した場合であって,その理事に引き続き当該職務を行わせることが適当でないと認めるときは,その理事を解任することができる。

4 学長は,前3項の規定により理事を解任したときは,遅滞なく,文部科学大臣に届け出るとともに,これを公表しなければならない。

 (秘密保持義務)

第10条 理事は,職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職務を退いた後も,同様とする。

 (雑則)

第11条 この規則に定めるもののほか,理事に関し必要な事項は,学長が定める。

   附 則

 この規則は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規則は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

1 この規則は,平成22年1月27日から施行する。

2 国立大学法人名古屋工業大学学長選考等規程(平成171024日制定)第12条に基づき最終学長候補者が決定されたときの理事候補者の選考に当たっては,第3条の規定中「学長」とあるのは「最終学長候補者」と読み替えるものとする。