国立大学法人名古屋工業大学年俸制適用職員給与規程

 

(平成261125日規程第12号)

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,国立大学法人名古屋工業大学職員就業規則(平成16年4月1日制定。以下「職員就業規則」という。) 第25条第2項の規定に基づき,国立大学法人名古屋工業大学(以下「本学」という。)に勤務する職員のうち年俸制給与の適用を受ける職員(以下「年俸制適用職員」という。)の給与に関し,必要な事項を定める。

(対象者)

第2条 年俸制適用職員は,次に掲げる者のうちから,学長が決定する。

 一 教授,准教授,助教又は助手の職にある者であって,本人の同意を得たもの

 二 その他学長が特に年俸制給与を適用することが必要と認めた者であって,本人の同意を得たもの

2 年俸制適用職員は,退職するまで年俸制給与を適用するものとする。

(給与の種類)

第3条 年俸制適用職員の給与は,基本給,業績給及び諸手当とする。

(年俸額)

第4条 年俸額は,基本給及び業績給の合計額とする。

2 前項の規定にかかわらず,年俸制適用期間が1年に満たない年俸制適用職員の年俸額は,当該期間に応じた基本給及び業績給の合計額とする。

(基本給)

第5条 基本給は,当該年俸制適用職員の学歴,免許・資格,職務経験等を勘案し,別表の基本給俸給表に掲げる号俸により決定する。

2 職員就業規則第18条の2の規定により勤務延長した教員及び職員就業規則第18条の3の規定により雇用した教員の基本給は,前項により決定した基本給に100分の75を乗じて得た額とする。

3 基本給は,業績及び勤務成績等に応じて当該号俸を見直すことができる。

4 前項の見直しの時期は,4月1日とする。

5 基本給は,この規程の適用を受ける者となった後,国立大学法人名古屋工業大学職員給与規程(平成16年4月1日制定。以下「職員給与規程」という。)の改正がある場合においても,見直しを行わないものとする。

(業績給)

第6条 業績給は,業績基本額,業績評価額及び外部資金獲得手当とする。

(業績基本額)

第7条 業績基本額は,当該年俸制適用職員の教育,研究等の業績を総合的に勘案し,決定する。

2 前項の規定により決定した業績基本額について,学長が必要と認めた場合は,見直すことができる。

(業績評価額)

第8条 業績評価額は,当該年俸制適用職員の前年の教育,研究等の業績を評価し,その結果に基づいて学長が決定する。

2 業績評価額は,基本給の12分の1の額(以下「基本給月額」という。)に別に定める業績評価率を乗じて得た額とする。

3 評価の方法等に関し必要な事項は,別に定める。

(外部資金獲得手当)

第9条 外部資金獲得手当は,当該年俸制適用職員の前年の外部資金(間接経費等)の獲得金額に応じて加算することができる。

(諸手当)

第10条 諸手当は,扶養手当,管理職手当,地域手当,住居手当,通勤手当,クロス・アポイントメント手当,入試手当,産業医等手当,教員免許状更新講習手当,超過勤務手当,休日給,俸給の調整額(大学院手当)及び初任給調整手当とする。

2 前項の諸手当(地域手当,超過勤務手当及び休日給を除く。)は,職員給与規程第12条,第13条,第15, 16条,第18条から第20条の2,第24条及び第25条の規定をそれぞれ準用する。

3 地域手当については,職員給与規程第14条を準用する。この場合において,「俸給」とあるのは,「基本給月額,俸給の調整額(大学院手当)」と読み替えるものとする。

4 超過勤務手当については,職員給与規程第21条を準用する。この場合において,「第23条」とあるのは,「名古屋工業大学年俸制適用職員給与規程(平成261125日規程第17号。以下「年俸制給与規程」という。)第11条」と読み替えるものとする。

5 休日給については,職員給与規程第22条を準用する。この場合において,「次条」とあるのは,「年俸制給与規程第11条」と読み替えるものとする。

6 第1項の規定にかかわらず,職員就業規則第11条の2第2項に規定する1週間の所定労働日が4日以下の教員(以下「短時間勤務職員」という。)は,扶養手当,管理職手当,クロス・アポイントメント手当,産業医等手当及び初任給調整手当を支給しない。

(勤務1時間当たりの給与額の算出)

第11条 年俸制適用職員の勤務1時間当たりの給与額は,年俸額の12分の1,俸給の調整額(大学院手当)及び初任給調整手当並びに基本給月額,俸給の調整額(大学院手当)及び初任給調整手当に対する地域手当の月額の合計額を155(育児短時間勤務職員又は短時間勤務職員にあっては155に,育児短時間勤務職員又は短時間勤務職員の1週間当たりの所定の勤務時間を38時間45分で除して得た数を乗じて得た数)で除して得た額とする。

(休職者の給与)

第12条 年俸制適用職員の休職期間中の給与については,職員給与規程第28条を準用する。この場合において,「俸給」とあるのは,「年俸額の12分の1に相当する額」と読み替えるものとする。

2 前項の規定にかかわらず,職員給与規程の適用を受ける者からこの規程の適用を受けることになった者(以下「切替者」という。)の休職期間中の給与については,職員給与規程第28条を準用する。この場合において,「俸給」とあるのは,「年俸額の16分の1に相当する額」と読み替えるものとする。

(育児休業取得者の給与)

第13条 年俸制適用職員の育児休業取得期間中の給与については,職員給与規程第30条を準用する。この場合において,「俸給」とあるのは,「年俸額の12分の1に相当する額」,「第32条」とあるのは,「年俸制給与規程第15条」,「第23条」とあるのは,「年俸制給与規程第11条」と読み替えるものとする。

2 前項の規定にかかわらず、切替者の育児休業取得期間中の給与については,職員給与規程第30条を準用する。この場合において,「俸給」とあるのは,「年俸額の16分の1に相当する額(年俸制適用期間が1年に満たない年俸制適用職員については,当該期間に応じて決定された年俸額を当該期間を考慮した数で除して得られた額に相当する額)」,「第32条」とあるのは,「年俸制給与規程第15条」,「第23条」とあるのは,「年俸制給与規程第11条」と読み替えるものとする。

(介護休業取得者の給与)

第14条 年俸制適用職員の介護休業取得期間中の給与については,職員給与規程第31条を準用する。この場合において,「第32条」とあるのは,「年俸制給与規程第15条」,「第23条」とあるのは,「年俸制給与規程第11条」と読み替えるものとする。

(給与の減額)

第15条 年俸制適用職員の給与の減額ついては,職員給与規程第32条を準用する。この場合において,「第23条」とあるのは「年俸制給与規程第11条」と読み替えるものとする。

(日割計算)

第16条 新たに年俸制適用職員となった者には,その日から給与を支給し,第13条の規定により給与に変更を生じた育児短時間勤務職員にはその日から新たに定めた給与を支給する。

2 年俸制適用職員が退職し,又は失職した場合には,その日までの給与を支給する。

3 年俸制適用職員が死亡により退職した場合には,その月までの給与を支給する。

4 第1項又は第2項の規定により,給与を支給する場合であって,その月の初日から支給するとき以外のとき,又はその月の末日まで支給するとき以外のときは,その給与額は,その月の現日数から勤務を要しない日数(育児短時間勤務職員にあっては,所定の勤務時間を割り振られていない日)を差し引いた日数を基礎として日割りによって計算する。

5 前各項の規定は,管理職手当,地域手当及び俸給の調整額(大学院手当)の支給について準用する。

(端数計算及び処理)

第17条 第10条第4項及び第10条第5項の規定により勤務1時間につき支給する超過勤務手当又は休日給並びに第13条から第15条までに規定する勤務時間1時間当たりの給与額を算定する場合において,その額に50銭未満の端数が生じたときは,これを切り捨て,50銭以上1円未満の端数が生じたときは,これを1円に切り上げるものとする。

2 この規程により計算した確定金額に1円未満の端数を生じたときは,これを切り捨てるものとする。

(給与の支払)

第18条 年俸制適用職員の給与の支払については,職員給与規程第36条を準用する。

(給与の支給日)

第19条 年俸額の12分の1に相当する額(年俸制適用期間が1年に満たない年俸制適用職員については,当該期間に応じて決定された年俸額を年俸制適用期間の月数で除して得られた額に相当する額),扶養手当,管理職手当,地域手当,住居手当,通勤手当,産業医等手当,俸給の調整額(大学院手当)及び初任給調整手当は,その月の月額の全額を毎月17日に,超過勤務手当,休日給,入試手当及び教員免許状更新講習手当は,その月の分を翌月の17日に支給する。ただし,支給日(この項において,毎月17日を「支給日」という。)が日曜日に当たるときは,支給日の前々日(その日が休日に当たるときは,支給日の翌日)に,支給日が土曜日に当たるときは,支給日の前日に支給する。

2 前項の規定にかかわらず,切替者については,年俸額の16分の1に相当する額(年俸制適用期間が1年に満たない年俸制適用職員については,当該期間に応じて決定された年俸額を当該期間を考慮した数で除して得られた額に相当する額),扶養手当,管理職手当,地域手当,住居手当,通勤手当,産業医等手当,俸給の調整額(大学院手当)及び初任給調整手当は,その月の月額の全額を毎月17日に,超過勤務手当,休日給,入試手当及び教員免許状更新講習手当は,その月の分を翌月の17日に支給し,また年俸額の16分の2に相当する額を6月30日及び1210日に支給する。ただし,支給日(この項において,毎月17日,6月30日及び1210日を「支給日」という。)が日曜日に当たるときは,支給日の前々日(その日が休日に当たるときは,支給日の翌日)に,支給日が土曜日に当たるときは,支給日の前日に支給する。

(この規程により難い場合の措置)

第20条 特別の事情によりこの規程によることができない場合又はこの規程によることが著しく不適当であると学長が認める場合は,別段の取扱いをすることができる。

(雑則)

第21条 この規程に定めるもののほか,年俸制適用職員の給与に関し必要な事項は,学長が別に定める。

   附 則 

 この規程は,平成27年1月1日から施行する。

附 則(平成27年9月30日規程第6号)

 この規程は,平成2710月1日から施行する。

附 則(平成271119日規程第10号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年1月19日規程第16号)

1 この規程は,平成29年4月1日から施行する。

2 平成29年4月1日(以下「切替日」という。)の前日から引き続き基本給俸給表の適用を受ける職員の切替日における号俸は,切替日の前日においてその者が受けていた基本給の額に相当する号俸とする。


 

(別表)

基本給俸給表

号俸

基本給年額

基本給月額

1

2,520,000

210,000

2

2,580,000

215,000

 

3

2,640,000

220,000

4

2,700,000

225,000

 

5

2,760,000

230,000

6

2,820,000

235,000

 

7

2,880,000

240,000

8

2,940,000

245,000

 

9

3,000,000

250,000

10

3,060,000

255,000

 

11

3,120,000

260,000

12

3,180,000

265,000

 

13

3,240,000

270,000

14

3,300,000

275,000

 

15

3,360,000

280,000

16

3,420,000

285,000

 

17

3,480,000

290,000

18

3,540,000

295,000

 

19

3,600,000

300,000

20

3,660,000

305,000

 

21

3,720,000

310,000

22

3,780,000

315,000

 

23

3,840,000

320,000

24

3,900,000

325,000

 

25

3,960,000

330,000

26

4,020,000

335,000

 

27

4,080,000

340,000

28

4,140,000

345,000

 

29

4,200,000

350,000

30

4,260,000

355,000

 

31

4,320,000

360,000

32

4,380,000

365,000

 

33

4,440,000

370,000

34

4,500,000

375,000

 

35

4,560,000

380,000

36

4,620,000

385,000

 

37

4,680,000

390,000

38

4,740,000

395,000

 

39

4,800,000

400,000

40

4,860,000

405,000

 

41

4,920,000

410,000

42

4,980,000

415,000

 

43

5,040,000

420,000

44

5,100,000

425,000

 

45

5,160,000

430,000

46

5,220,000

435,000

 

47

5,280,000

440,000

48

5,340,000

445,000

 

49

5,400,000

450,000

50

5,460,000

455,000

 

51

5,520,000

460,000

52

5,580,000

465,000

 

53

5,640,000

470,000

54

5,700,000

475,000

 

55

5,760,000

480,000

56

5,820,000

485,000

 

57

5,880,000

490,000

58

5,940,000

495,000

 

59

6,000,000

500,000

60

6,060,000

505,000

 

61

6,120,000

510,000

 

62

6,180,000

515,000

 

63

6,240,000

520,000

 

64

6,300,000

525,000

 

65

6,360,000

530,000

 

66

6,420,000

535,000

 

67

6,480,000

540,000

 

68

6,540,000

545,000

 

69

6,600,000

550,000

 

70

6,660,000

555,000

 

71

6,720,000

560,000

 

72

6,780,000

565,000

 

73

6,840,000

570,000

 

74

6,900,000

575,000

 

75

6,960,000

580,000

 

76

7,020,000

585,000

 

77

7,080,000

590,000

 

78

7,140,000

595,000

 

79

7,200,000

600,000

 

80

7,260,000

605,000

 

81

7,320,000

610,000

 

82

7,380,000

615,000

 

83

7,440,000

620,000

 

84

7,500,000

625,000

 

85

7,560,000

630,000

 

86

7,620,000

635,000

 

87

7,680,000

640,000

 

88

7,740,000

645,000

 

89

7,800,000

650,000

 

90

7,860,000

655,000

 

91

7,920,000

660,000

 

92

7,980,000

665,000

 

93

8,040,000

670,000

 

94

8,100,000

675,000

 

95

8,160,000

680,000

 

96

8,220,000

685,000

 

97

8,280,000

690,000

 

98

8,340,000

695,000

 

99

8,400,000

700,000

 

100

8,460,000

705,000

 

101

8,520,000

710,000

 

102

8,580,000

715,000

 

103

8,640,000

720,000

 

104

8,700,000

725,000

 

105

8,760,000

730,000

 

106

8,820,000

735,000

 

107

8,880,000

740,000

 

108

8,940,000

745,000

 

109

9,000,000

750,000

 

110

9,060,000

755,000

 

111

9,120,000

760,000

 

112

9,180,000

765,000

 

113

9,240,000

770,000

 

114

9,300,000

775,000

 

115

9,360,000

780,000

 

116

9,420,000

785,000

 

117

9,480,000

790,000

 

118

9,540,000

795,000

 

119

9,600,000

800,000

 

120

9,660,000

805,000

 

121

9,720,000

810,000

 

122

9,780,000

815,000

 

123

9,840,000

820,000

 

124

9,900,000

825,000

 

125

9,960,000

830,000

 

126

10,020,000

835,000

 

127

10,080,000

840,000

 

128

10,140,000

845,000

 

129

10,200,000

850,000

 

130

10,260,000

855,000

 

131

10,320,000

860,000

 

132

10,380,000

865,000

 

133

10,440,000

870,000

 

134

10,500,000

875,000

 

135

10,560,000

880,000

 

136

10,620,000

885,000

 

137

10,680,000

890,000

 

138

10,740,000

895,000

 

139

10,800,000

900,000

 

140

10,860,000

905,000

 

141

10,920,000

910,000

 

142

10,980,000

915,000

 

143

11,040,000

920,000

 

144

11,100,000

925,000

 

145

11,160,000

930,000

 

146

11,220,000

935,000

 

147

11,280,000

940,000

 

148

11,340,000

945,000

 

149

11,400,000

950,000

 

150

11,460,000

955,000

 

151

11,520,000

960,000

 

152

11,580,000

965,000

 

153

11,640,000

970,000

 

154

11,700,000

975,000

 

155

11,760,000

980,000

 

156

11,820,000

985,000

 

157

11,880,000

990,000

 

158

11,940,000

995,000

 

159

12,000,000

1,000,000