国立大学法人名古屋工業大学兼業審査会要項

 

平成16年6月10日 制定

 

 (趣旨)

第1 この要項は,国立大学法人名古屋工業大学職員兼業規程(平成16年4月1日制定。以下「兼業規程」という。)第16条第2項に基づき,兼業審査会に関し必要な事項を定める。

(組織)

第2 兼業審査会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

 一 学長が指名する理事

 二 学長が指名する副学長

 三 申請者の関係する専攻長又は教育類長

(審査の内容)

第3 兼業審査会は,当該兼業が国立大学法人名古屋工業大学兼業許可基準(平成16年4月1日制定。以下「兼業許可基準」という。)第2条,第3条又は第4条に掲げる許可基準のいずれにも適合するか否かを審査する。

2 兼業審査会は,許可した役員,顧問又は評議員(以下「役員等」という。)の兼業が,次の各号に掲げる条件に該当する場合には,兼業許可基準第2条から第4条までに掲げる許可基準に適合しているか否かの審査を行うことができる。

一 兼業規程第17条の報告の内容が,許可した兼業内容と大きく異なる場合

二 学長が必要と認める場合

(申出)

第4 申請者は,学長に審査を申し出るものとする。

(兼業審査会への付託)

第5 学長は,役員等兼業の審査を兼業審査会に付託する。

(報告)

第6 兼業審査会は,審査結果を学長に報告する。

(通知)

第7 学長は,第6第1項の規定により報告された審査結果を受けて,諾否を決定し,申請者に通知する。

2 学長は,前項の規定による決定のうち教員に係る決定については,人事企画院にその結果を報告する。

附 記

 この要項は,平成16年6月10日から実施する。

附 記

 この要項は,平成26年4月1日から実施する。

附 記

 この要項は,平成27年4月1日から実施する。