国立大学法人名古屋工業大学職員レクリエーションに関する規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,国立大学法人名古屋工業大学の職員の健全な文化,教養,体育等の活動を通じて,その元気を回復し,及び相互の緊密度を高め並びに勤務能率の発揮及び増進に資することを目的として,職員のレクリエーションに関し,必要な事項を定める。

 (レクリエーションの計画及び実施)

第2条 レクリエーション行事は,できる限り職員が平等に参加することができるように計画し,実施しなければならない。

 (勤務の免除)

第3条 レクリエーション行事を勤務時間内において実施する場合には,必要な時間勤務しないことを承認することができる。

 (レクリエーション委員会)

第4条 職員のレクリエーション活動の適正な推進を図るため,国立大学法人名古屋工業大学職員レクリエーション委員会(以下「委員会」という。)を置く。

第5条 委員会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

 一 各領域(グローバル領域は除く。)及び技術部から推薦された者 各2名

 二 教育研究センター,産学官連携センター,工学教育総合センター,留学生センター,情報基盤センター,大型設備基盤センター,リスクマネジメントセンター,若手研究イノベータ養成センター,男女共同参画推進センター,ものづくりテクノセンター,先進セラミックス研究センター,極微デバイス次世代材料研究センター,窒化物半導体マルチビジネス創生センター,保健センター,創造工学教育推進センター,国際交流推進室及びリサーチ・アドミニストレーション・オフィスの中から推薦された者 1名

 三 各課から推薦された者 各1名

2 委員の任期は1年とし,再任を妨げない。ただし,委員が任期満了前に欠けた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

第6条 委員会に委員の互選による委員長を置く。

2 委員長は,会議を招集し議長となる。

第7条 委員会は,次の事項を審議する。

 一 レクリエーション予算の配分に関すること。

 二 レクリエーションの実施計画に関すること。

 三 その他必要な事項

第8条 委員会は,委員の過半数が出席しなければ,議事を開き,議決することができない。

2 委員会の議事は,出席者の過半数をもって決し,可否同数のときは,委員長の決するところによる。

第9条 委員会の事務は,人事課において処理する。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,職員のレクリエーションに関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平20年9月24から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年6月24日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規程第27号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第18号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年1月18日規程第12号)

この規程は,平成29年2月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日規程第22

この規程は,平成29年4月1日から施行する。