国立大学法人名古屋工業大学サバティカル制度に関する規程

 

平成18年3月15日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,本学の教員の資質の向上を図るため,教員の教育及び管理運営等の業務を免除し,研究に専念できる期間を与える制度(以下「サバティカル制度」という。)の実施に関し,必要な事項を定める。

 (適用要件)

第2条 サバティカル制度の適用を受けることのできる教員は,次の各号に掲げるとおりとする。

 一 本学に教員として在職した期間が継続,又は通算して7年を超えた者

 二 適用期間終了後,3年以上勤務することができる者

 (適用期間)

第3条 サバティカル制度の適用を受ける期間は,6月以上1年未満とする。

 (適用人数)

第4条 サバティカル制度の適用を受ける人数は,年間6名以内とする。

 (適用回数)

第5条 サバティカル制度の適用を受けることができる回数は,在職中につき2回とする。

 (研究場所)

第6条 サバティカル制度により研究を実施する場所は,本学以外の国内外の大学,研究所又は企業等とする。

 (兼業)

第7条 サバティカル制度の適用を受ける期間中において,兼業をしようとする場合は,国立大学法人名古屋工業大学職員兼業規程(平成16年4月1日制定)に基づく許可を得なければならない。

 (申請)

第8条 サバティカル制度の適用を希望する教員は,研究の目的,内容,期間,場所等を記載したサバティカル制度適用申請書(別紙様式第1号)を関係する専攻,教育類,センター等の長を経由して学長に提出しなければならない。

 (選考及び報告)

第9条 学長は,サバティカル制度適用申請書の審査を行い,適用する教員を選考,決定し,申請者に選考結果を別紙(様式第2号)により通知するとともに,人事企画院に報告する。

 (計画の変更)

第10条 サバティカル制度の適用を受けた教員は,申請内容に大幅な変更が必要となった場合には,学長に申し出て許可を得なければならない。

 (給与)

第11条 サバティカル制度適用期間中の給与は,基本給及び諸手当を支給する。

 (旅費)

第12条 サバティカル制度により研究を実施するための旅費は支給しない。ただし,奨学寄附金からの支出はできるものとする。

 (代替要員の確保)

第13条 サバティカル制度を適用中の教員の担当する授業は,原則として当該専攻,教育類,センター等教員の負担とする。なお,非常勤講師をもって充てる場合は,奨学寄附金から支出することとするが,相当な理由がある場合は,運営費交付金からの支出も可能とする。

 (報告)

第14条 サバティカル制度の適用を受けた教員は,適用期間終了後,遅滞なく,学長に成果報告書(別紙様式第3号)を提出しなければならない。

 (事務)

第15条 サバティカル制度の実施に関する事務は,人事課において処理する。

   附 則

1 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

2 第2条の適用要件については,平成21年度までは経過措置を行うこととし,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成22年7月28日から施行する。

附 則(平成24年3月16日規程第26号)

この規程は,平成24年4月1日から施行する。

   附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

   附 則(平成28年3月2日規程第18号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。


(様式第1号)

平成  年  月  日

 

サバティカル制度(適用・計画変更)申請書

 

  国立大学法人名古屋工業大学長 殿

 

                       申請者所属

                       職名・氏名           印

                       所属領域長           印

                       専 攻 長           印

                       教育類長           印

                       センター長           印

 

 下記のとおりサバティカル制度の(適用・計画変更)を申請します。

 

 

目  的

 

内  容

 

期  間

 平成  年  月  日 〜 平成  年  月  日

場  所

 

授業代替

措置状況

 別紙のとおり

制度適用

期間中の

兼業の有無

 無 ・ 有 (兼業先:                    )

その他

参考となる

事項

 

 


(様式第2号)

平成  年  月  日

 

サバティカル制度(適用・計画変更)選考結果通知書

 

 

 申請者 所   属

     職名・氏名          殿

 

 所 属 領域長            殿

     専攻長            殿

     教育類長           殿

     センター長          殿

 

 

                      国立大学法人名古屋工業大学長

                              

 

 平成  年  月  日付けで貴殿から申請のありましたサバティカル制度(適用・計画変更)については,申請のとおり承認します。


(様式第3号)

平成  年  月  日

 

成  果  報  告  書

 

 国立大学法人名古屋工業大学長 殿

 

 

                       所   属

                       職名・氏名          印

 

 下記のとおりサバティカル制度実施成果を報告します。

 

 

期  間

 平成  年  月  日 〜 平成  年  月  日

場  所

 

成  果