国立大学法人名古屋工業大学サバティカル制度取扱要領

 

平成18年3月15日制定

 (趣旨)

第1 この要領は,国立大学法人名古屋工業大学サバティカル制度に関する規程(平成18年3月15日制定。以下「規程」という。)に基づき,サバティカル制度の取扱いに関し必要な事項を定める。

(適用人数)

第2 規程第4条に規定する適用人数は,生命・応用化学専攻,物理工学専攻,電気・機械工学専攻,情報工学専攻及び社会工学専攻から各1名,その他の専攻及びセンターから1名を目安とする。

(申請の時期)

第3 規程第7条に規定する申請の時期は,適用時期の前年度の6月1日から6月30日までの間とする。

(選考の時期)

第4 規程第8条に規定する選考は,毎年7月に行うものとし,当該年の7月末までに結果を通知する。

(選考の方法)

第5 学長は,申請者の本学への貢献度,教育・研究実績並びに代替要員の措置を考慮し選考を行い,専攻等の教育・運営に特に支障がないと認める場合は承認するものとする。

(選考結果の報告)

第6 学長は,選考結果を人事企画院に報告する際は,別紙様式第1号及び参考資料(授業代替措置状況)をもって報告する。

(代替要員の措置)

第7 申請者の授業に係る非常勤講師の候補者の人選は,当該申請者が行うものとする。

(支給する給与)

第8 サバティカル制度の適用期間中に支給する給与は,次の各号に掲げるものとする。

 一 基本給

二 扶養手当

三 調整手当

四 住居手当

(経費)

第9 サバティカル制度の適用期間中における研究に係る経費の支出は,運営費交付金(研究分)及び奨学寄附金によるものとし,その取扱いは別に定める。

(雑則)

第10 この要領に定めるもののほか,サバティカル制度の取扱いに関し必要な事項は,学長が定める。

   附 記

 この要領は,平成18年4月1日から実施する。

附 記

 この要領は,平成24年4月1日から実施する。

附 記

 この要領は,平成28年4月1日から実施する。