国立大学法人名古屋工業大学大型設備の調達に関する取扱規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,国立大学法人名古屋工業大学契約事務取扱規則(平成16年4月1日制定。以下「契約事務取扱規則」という。)第3条第2項の規定に基づき,第3条第1項第2号に規定する仕様策定委員会(以下「委員会」という。)及び国立大学法人名古屋工業大学(以下「法人」という。)における大型設備の調達に関する取扱いに関し,必要な事項を定める。

 (定義)

第2条 この規程において「大型設備」とは,政府調達に関する協定が適用される設備をいうものとする。

2 この規程において「部局」とは,監査室,安全管理室,国際企画室,卒業生連携室,事務局,領域,教育類,専攻,教育研究センター,産学官金連携機構,工学教育総合センター,留学生センター,情報基盤センター,リスクマネジメントセンター,若手研究イノベータ養成センター,ダイバーシティ推進センター,ものづくりテクノセンター,先進セラミックス研究センター,極微デバイス次世代材料研究センター,窒化物半導体マルチビジネス創生センター,創造工学教育推進センター,サイバーセキュリティセンター,保健センター及び国際交流推進室をいうものとする。

3 この規程において「部局長」とは,前項に定める部局の長をいうものとする。

 (仕様策定の申出)

第3条 部局において大型設備の調達を行う場合,当該設備の管理及び使用の責任者となるべき者(以下「計画責任者」という。)は,当該部局長に対して仕様策定の申出を行うものとする。

 (委員会)

第4条 部局長は,前条の申出を受理したときはその都度,委員会の設置について別紙1号様式により学長に申請するものとする。

2 学長は,前項の申請があったときは速やかに委員会を設置し,当該設備の調達に係る仕様を策定させるものとする。

 (委員会の構成)

第5条 委員会は5名以上の委員で構成するものとする。

2 委員は,当該設備に関し専門的知識を有する者を2以上の部局から選ぶものとし,内1名については,可能な限り事務職員(課長等)を加えるものとする。

3 委員は,学長が申請のあった部局長の意見を聴いて,別紙2号様式により委嘱するものとする。

4 学長が必要と認めた場合には,他大学等の職員を委員に委嘱することができるものとする。この場合には,あらかじめ当該他大学等の長の同意を得るものとする。

 (委員長)

第6条 委員会に委員の互選による委員長を置くものとする。

2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。

3 委員長に事故があるとき又は欠けたときは,委員の互選による委員長代理を置き,その職務を代行させるものとする。

 (委員会の職務)

第7条 委員会は次に掲げる事項について専門的観点から調査検討し,調達物品の仕様を策定するもとする。

 一 設備の機能及び性能等に関すること。

 二 設備に関する関係資料の収集に関すること。

 三 その他仕様の策定に関し必要な事項

 委員会は,関係資料の収集に当たっては,可能な限り多数の供給者から幅広くかつ公平に行うものとする。

3 委員会は,仕様を策定するときは,教育研究上の必要性に配慮しつつも,可能な限り必要最小限のものとし,競争性が確保されるような仕様を策定するものとする。

4 委員会で策定した仕様原案は,可能な限り多数の供給者に対し公平に説明会を開催する等により説明を行い,供給者からの意見を聴取した上で仕様内容を決定するものとする。

5 委員長は,仕様の策定過程において,教育研究上の必要性により特定銘柄を選定することが予想される場合には,別紙3号様式により学長の承認を得るものとする。

6 委員長は,策定した仕様内容について,別紙4号様式の仕様策定報告書を作成し,開催した委員会毎の議事要旨を添えて学長に報告するものとする。

 (仕様決定等の通知)

第8条 学長は,前条第6項による報告を受理したときは,その内容を審査した上で部局長に仕様決定の通知を行うものとする。

 (技術審査職員)

第9条 契約担当役は,国立大学法人名古屋工業大学会計機関等の事務及び職位に関する規程(平成19年3月28日制定)第6条第2項の規定に基づき,技術審査を行う職員(以下「技術審査職員」という。)を命ずるものとする。

2 技術審査職員は2人以上とし,処理すべき事務の範囲を明記し任命するものとする。

3 技術審査職員と委員会委員との重複は,原則として認めないものとする。

4 契約担当役が必要と認めた場合には,他大学等の職員を技術審査職員に委嘱することができるものとする。この場合には,あらかじめ当該他大学等の長の同意を得るものとする。

 (技術審査)

第10条 技術審査は,応札者が提案した設備が法人の仕様を満たしているか否かについて,応札者から提出された書類等に基づいて行うほか,応札者から十分な説明を聴取すること等により公正な審査を行うものとする。

2 技術審査職員は,技術審査の結果について,別紙5号様式により契約担当役に報告するものとする。

 (不合格者への通知)

第11条 契約担当役は,技術審査の結果不合格となった応札者に対しては,別紙6号様式により通知するものとする。

 (雑則)

第12条 この規程に定めるもののほか,大型設備の調達に関する取扱に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成20年9月24日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年6月24日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年7月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年8月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成261126日規程第17号)

 この規程は,平成2612月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規程第27号)

 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第18号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月22日規程第18

 この規程は,平成29年3月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日規程第22

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月27日規程第7号

この規程は,平成2910月1日から施行する。

 

 

別紙様式 略