国立大学法人名古屋工業大学不動産等管理規程

 

平成16年4月1日 制定

 

   第1章 総則

 (目的)

第1条 この規程は,国立大学法人名古屋工業大学固定資産管理規則(平成16年4月1日制定。以下「固定資産管理規則」という。)第51条の規定に基づき,国立大学法人名古屋工業大学(以下「法人」という。)の不動産等の取得,保存,運用及び処分(以下「管理」という。)に関し,必要な事項を定め,不動産等の適正かつ効率的な運用を図ることを目的とする。

 (適用範囲)

第2条 不動産等の管理については,固定資産管理規則に定めるもののほか,別に定めがある場合を除き,この規程の定めるところによる。

 (不動産等の範囲)

第3条 この規程において「不動産等」とは,法人が所有する土地,建物,建物附属設備,構築物,船舶,建設仮勘定,特許権,借地権,地上権,商標権,実用新案権,意匠権その他これらに準ずる資産をいう。

 (借用不動産等)

第4条 法人が借用する不動産等の管理については,この規程を準用する。

 (分類)

第5条 法人が管理する不動産等は,別表1の定めるところにより分類し整理する。

 (管理の総括責任者)

第6条 学長は,不動産等の管理を総括するものとする。

 (管理機関及び事務)

第7条 国立大学法人名古屋工業大学会計規程(平成16年4月1日制定)第6条第1項第4号に規定する資産管理役は,不動産等の管理に関する事務を掌り,職員を指揮監督して,その用途及び目的に応じ,常に良好な状態に保存並びにこれを最も効率的に運用し,現況を常に把握するとともに,正確に記録しなければならない。

 (不動産等の用途等の阻害に対する措置等)

第8条 資産管理役は,前条の事務を行う場合において,教育及び研究に支障をきたすこととなる不動産等の用途及び目的の阻害が発生し,又は発生するおそれがあると認めるときは,学長に報告し,速やかに必要な措置を講じなければならない。

 

   第2章 管理及び処分

 (取得の措置)

第9条 資産管理役は,新たに不動産等を取得しようとするときは,次の各号に掲げる事項を明らかにして,学長の承認を受けなければならない。

 一 件名

 二 必要とする不動産等の概要

 三 必要とする理由

 四 取得の時期

 五 予算

 六 その他必要な事項

 (取得に伴う登記又は登録)

第10条 資産管理役は,登記又は登録を必要とする不動産等を取得した場合は,学長に報告しなければならない。

2 学長は,法令の定めるところにより登記又は登録を行うものとする。

 (不動産等の監守等)

第11条 資産管理役は,不動産等の適正な管理を図るため,固定資産管理規則第21条第1項に規定する資産管理補助者として不動産等監守者及び不動産等補助監守者(以下「監守者等」という。)を設置するものとする。

2 前項の監守者等の職名及び監守区域の範囲等については,別表2のとおり定める。ただし,職名等を指定できないときは,学長が監守者等を指定するものとする。

3 前項に規定する監守者等の命免は,別紙様式による。

 (不動産等の監守計画)

第12条 資産管理役は,不動産等の監守について,あらかじめ監守計画を作成するものとする。

2 前項の監守計画の作成にあたっては,次の各号に掲げる事項を定めなければならない。

 一 監守者等となる職員

 二 監守区域の指定並びに監守者等の事務の範囲

 三 監守区域内の施設について,特に監守上必要と認める事項

 四 防火防災上の施設及び設備の整備点検,配置等に関する事項

 五 非常時における退避通路,通報連絡,消火,搬出等に関する事項

 六 警備要員の配置及び指揮命令に関する事項

 七 その他監守上必要と認める事項

 (監守者等の責務)

第13条 第11条第1項に規定する監守者等の行う事務は,次の各号に掲げるものとする。

 一 不動産等の利用状況の点検

 二 火気使用の箇所及びその周辺の火災予防措置の徹底

 三 化学実験室,燃料庫等における危険薬品,燃料等(国立大学法人名古屋工業大学毒・劇物等管理規程(平成16年4月1日制定)第2条第1項第1号から第3号に規定する毒・劇物等を除く。)の管理状況の点検

 四 電気及びガス器具の管理状況の点検

 五 消火器具の点検

 六 防火用水の点検

 七 避雷装置の点検

 八 屋根及び樋のき損状況の点検

 九 排水設備の点検

 十 土地の境界標その他標識類の点検

 十一 その他監守上必要と認める事項

2 監守者等は,その担当する不動産等の監守に関し,別に定める報告書を資産管理役に提出しなければならない。

3 監守者等は,監守区域ごとに監守者等の氏名又は職名を記載した標示板を設置しなければならない。

 (監守者等の報告)

第14条 監守者等は,その担当する不動産等の状況に異常を発見したときは,軽易なものについては直ちに改善の措置をなし,その他のものについては資産管理役に報告し必要な措置を請求しなければならない。

 (不動産等の使用)

第15条 不動産等の使用については,別に定める。

 (建物の居住禁止)

第16条 資産管理役は,職員宿舎,寄宿舎,宿泊施設及び外国人宿舎以外の建物に職員その他の者を居住させてはならない。ただし,財産の管理上居住させる必要があるときは,この限りではない。

 (火災の防止)

第17条 不動産等の火災予防については,別に定める。

 (不用の決定)

第18条 資産管理役は,固定資産管理規則第35条及び第36条に規定する売却等をするときは,学長の承認を得て,用途廃止の決定をすることができる。

 (借用資産)

第19条 資産管理役は,不動産等の借用を受けるときは,所有者から不動産等の借用を許可する文書を得て,学長の承認を得なければならない。

 

   第3章 雑則

 (報告)

第20条 資産管理役は,毎事業年度末における不動産等の管理状況等について,報告書を作成し,翌年度の4月末までに学長に報告しなければならない。

 (弁償責任)

第21条 不動産等を使用する役員又は職員は,故意又は過失により,この規程に違反して不動産等の管理行為をしたこと,又は管理行為をしなかったことにより,不動産等を滅失し,又はき損し,その他法人に損害を与えたときは,その損害を弁償する責に任じなければならない。

 (保険)

第22条 学長は,必要があるときは,不動産等に保険を付すことができる。

 (雑則)

第23条 この規程に定めるもののほか,不動産等の管理に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年7月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成2211月9日から施行し,改正後の国立大学法人名古屋工業大学不動産等管理規程の規定は,平成22年8月1日から適用する。

   附 則

 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

   附 則(平成24年3月21日規程第32号)

 この規程は,平成24年4月1日から施行する。

   附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

  

 


別表1(第5条関係)

 

不動産等の分類

分類

細分類

種類

説明

資産

固定資産

土地

法人の所有する一切の土地

建物

法人の所有する一切の建物(仮設物は除く。)

構築物

土地に定着して建造された建物以外のもので耐用年数1年以上のもの。

建物附属設備

上記の建物の機能を果たすために必要な設備で耐用年数1年以上のもの。

船舶

法人の所有する一切の船舶

その他固定資産

上記以外の固定資産で耐用年数が1年以上のもの。

無形固定資産

地上権等

地上権,地役権,水利権,借地権,電話加入権等その他これらに準ずる権利

特許権等

特許権,実用新案権,商標権,意匠権,著作権その他これらに準ずる権利

 

 

 


別表1の2(第5条関係)

 

不動産区分種目表

種類

種目

単位・数量

摘要

土地(A)

 

 

平方メートル

 

立木竹(B)

001

樹木

庭木その他材積を基準として,その価格を算定し難いもの。

002

立木

立方メートル

材積を基準として,その価格を算定するもの。

003

 

建物(C)

001

事務所建

平方メートル

(建面積)

平方メートル

(延面積)

官署,校舎,図書館,病院,停車場等の主な建物を包括する。

002

住宅建

宿舎,合宿所等の主な建物を包括する。

003

工場建

 

004

倉庫建

上屋を包括する。

005

雑屋建

小屋,物置,廊下,便所,門衛所等他の種目に属さないものを包括する。

構築物(D)

001

木門,石門等の各一カ所をもって一個とする。

002

囲障

メートル

さく,へい,垣等を包括する。

003

水道

地中埋設管等の一式をもって一個とする。

004

下水

溝きょ,埋下水等の各一式をもって一個とする。

005

築庭

築山,置石,泉水等(立木竹を除く。)を一団とし一カ所をもって一個とする。

006

池井

貯水池,井戸等の各一カ所もって一個とする。

007

補床

コンクリート舗,アスファルト舗等の各一カ所をもって一個とする。

008

浄化装置

水洗装置を包括し各一式をもって一個とする。

009

煙突

独立の存在を有するもので煙道等の設備を一団とし一基をもって一個とする。

010

貯槽

水槽,ガス槽等を包括し各その個数による。

011

橋梁

桟橋,陸橋をも包括し各その個数による。

012

土留

石垣,さく等の各一カ所をもって一個とする。

013

射場

射撃場における諸工作物の一式をもって一個とする。

014

岸壁

メートル

 

015

トンネル

 

016

無線電信柱

一式をもって一個とする。

017

灯台

灯船をも包括し一式をもって一個とする。

018

ドック

浮ドックをも包括し各一式をもって一個とする。

019

諸標

浮標,立標,信号標識等の各一カ所をもって一個とする。

020

雑工作物

掲示場,馬糞場,灰捨場等他の種目に属さないものを包括し各一カ所をもって一個とする。

建物附属設備(E)

001

水道

屋内給水設備等の各一式をもって一個とする。

002

下水

屋内排水設備等の各一式をもって一個とする。

003

照明装置

電灯,ガス灯,孤光灯等に関する設備(常時取り外す部分を含まない。)の各一式をもって一個とする。

004

冷暖房装置

冷暖房装置又は暖房装置のみの場合を包括し各一式をもって一個とする。

005

ガス装置

一式をもって一個とする。

006

通風装置

一式をもって一個とする。

007

消火装置

一式をもって一個とする。

008

通信装置

私設電話,電鈴等に関する設備で他の種目に該当しないものを包括し各一式をもって一個とする。

009

軌道

メートル

軽便軌道を包括する。

010

電信線路

メートル,

瓦長

電信架空裸線,電信架空ケーブル,電信地下線,電信水底線等を包括する。

011

電話線路

電話架空線,電話架空ケーブル,電話地下線,電話水底線等を包括する。

012

電力線路

電力架空線,電力地下線,電車架空線等を包括する。

013

気送管

メートル

 

014

空気供給管路

 

015

望楼

 

016

昇降機

一式をもって一個とする。

017

籠及び炉

溶鉱炉,反射炉,結晶炉等の各一式をもって一個とする。

018

諸作業装置

起重機,発電装置,変圧装置,蓄電装置,除塵装置,気缶,ガス発生装置,変流装置,噴霧装置,シャフチング等の各一式をもって一個とする。

019

雑工作物

避雷針等他の種目に属さないものを包括し各一カ所をもって一個とする。

その他固定資産(F)

 

 

 

 

地上権等

(G)

001

地上権

平方メートル

 

002

地役権

 

003

鉱業権

 

004

その他

 

特許権等 (H)

001

特許権

 

002

著作権

 

003

商標権

 

004

実用新案権

 

005

その他

 

 


別表2(第11条関係)

 

不動産等監守者及び不動産等補助監守者

 

○ 名古屋工業大学(御器所地区)

監守区域(数字は建物番号を示す。)

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

財務課長

財務課副課長

 

土地の定着物

財務課長

財務課副課長

 

1号館(143146

館長

室の使用責任者又はこれに準ずる者

 

2号館(162163164

館長

 

3号館(169

館長

 

6号館(168

館長

 

11号館(84

館長

 

12号館(137

館長

 

13号館(86

館長

 

14号館(85

館長

 

15号館(126

館長

 

16号館(115

館長

 

17号館(72

館長

 

18号館(167

館長

 

19号館(80

館長

 

20号館(128

館長

 

21号館(99

館長

 

22号館(160161166170

館長

 

23号館(119

学務課長

学務課副課長

 

24号館(69707482118

館長

室の使用責任者

又はこれに準ず

る者

 

25号館(117139

館長

 

51号館(107

学務課長

学務課副課長

 

5253号館(102103104105106

館長

室の使用責任者又

はこれに準ずる者

 

54号館(108

館長

 

倉庫(77

施設企画課長

施設企画課副課長

 

第2ポンプ室(79

施設企画課長

施設企画課副課長

 

校友会館(1

総務課長

室の使用責任者又はこれに準ずる者

 

第1ポンプ室(133

施設企画課長

施設企画課副課長

 

保健センター(121

保健センター長

室の使用責任者又

はこれに準ずる者

 

プレハブ自治会室(140

学生生活課長

学生生活課副課長

 

自治会室作業所(141

学生生活課長

学生生活課副課長

 

倉庫(145

経理課長

経理課長が指名する者

 

物品庫(122

経理課長

経理課長が指名する者

 

バス車庫(142

経理課長

経理課長が指名する者

 

正門守衛室(76

施設企画課長

施設企画課副課長

 

講堂(67

総務課長

総務課副課長

 

附属図書館(75

学術情報課長

学術情報課長が指名する者

 

本部棟(134

施設企画課長

各課等の副課長等

 

車庫(135

経理課長

経理課長が指名する者

 

危険物貯蔵庫3(144

危険物保安監督者

危険物保安監督者

 

特殊ガスボンベ置場(129

ものづくりテクノセンター長

室の使用責任者又

はこれに準ずる者

 

NITクラブ(125

財務課長

財務課副課長

 

倉庫2(81

施設企画課長

施設企画課副課長

 

構造実験室(82

館長

室の使用責任者又

はこれに準ずる者

 

第3ポンプ室(100

施設企画課長

施設企画課副課長

 

危険物貯蔵庫2(111

危険物保安監督者

危険物保安監督者

 

大学会館(127

学生生活課長

学生生活課副課長

 

リユースセンター(132

施設企画課長

施設企画課副課長

 

国際交流会館(147148149150

学生生活課長

学生生活課長が指名する者

 

ポンプ室(151

施設企画課長

施設企画課副課長

 

特高受電室(165

施設企画課長

施設企画課副課長

 

弓道場(123

学生生活課長

学生生活課副課長

 

危険物貯蔵庫2(111

危険物保安監督者

危険物保安監督者

 

体育館(101

体育更衣室(112

プール

プール附属屋(109136

テニスコート(クレーコート4面)

バレーコート(2面)

バスケットコート(2面)

館長

室等の使用責任者

又はこれに準ずる

 

テニスコート(ハードコート2面)

学生生活課長

学生生活課副課長

 

55号館(138

学生生活課長

学生生活課副課長

 

器具庫(120

学生生活課長

学生生活課副課長

 

北門守衛室(110

施設企画課長

施設企画課副課長

 

 

○ 千種運動場

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

学生生活課長

学生生活課副課長

 

土地の定着物

 

グランド

 

野球場

 

器具庫

 

自動車部器具庫

 

体育更衣室

館長

室の使用責任者又はこれに準ずる者

 

 

○ 千種寄宿舎

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

学生生活課長

学生生活課副課長

 

土地の定着物

 

千種寄宿舎

 

 

○ 庄内川艇庫

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

学生生活課長

学生生活課副課長

 

土地の定着物

 

ボート艇庫

 

船舶

 

 

○ 志段味課外活動施設

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

学生生活課長

学生生活課副課長

 

土地の定着物

 

馬場

 

厩舎

 

馬糞小屋

 

ポンプ室

 

器具庫

 

 

 

 

 

 

 

○ 蒲郡艇庫

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

学生生活課長

学生生活課副課長

 

土地の定着物

 

ヨット艇庫

 

船舶

 

 

○ 木曽駒高原セミナーハウス

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

学生生活課長

学生生活課副課長

 

土地の定着物

 

木曽福島修練所

 

 

○ 先進セラミックス研究センター

監守区域

不動産等監守者

不動産等補助監守者

備考

土地

先進セラミックス研究センター

室等の使用責任者又はこれに準ずる者

 

土地の定着物

 

先進セラミックス研究センターA棟

 

ボンベ置場

 

成形試験棟

 

研究センターB棟

 

多治見交流会館

 

備考・ 監守者のうち「館長」は,国立大学法人名古屋工業大学館長規程(平成16年4月1日制定)により選出された者をいう。

  ・ 各建物に設置された講義室の不動産等補助監守者は,学務課副課長とする。

  ・ 各建物に設置された電気室,機械室及びエレベーター等の不動産等監守者は施設企画課長とし,不動産等補助監守者は施設企画課副課長とする。

  ・ 各建物に設置された廊下,階段,便所及びコミュニケーションスペース等の共用部分の不動産等監守者は館長とする。

 

別紙様式 略