名古屋工業大学人事企画院運営細則

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この細則は,名古屋工業大学人事企画院規則(平成16年4月1日制定。以下「規則」という。)第12条の規定に基づき,人事企画院及び人事部会の運営に関し必要な事項を定める。

 (人事企画院への申出)

第2条 教育類長,専攻長及び共通教育実施本部長は,規則第8条第1項の規定により教育に必要な教員像を人事企画院に申し出る場合には,必要に応じて,当該申出に関連する教育類長,専攻長又は共通教育実施本部長と協議の上,別に定める申出書(以下「申出書」という。)を連名で人事企画院に提出するものとする。

2 領域長並びに教育研究センター機構運営本部長,産学官連携センター長,工学教育総合センター長,留学生センター長,情報基盤センター長,大型設備基盤センター長,リスクマネジメントセンター長,男女共同参画推進センター長,ものづくりテクノセンター長,先進セラミックス研究センター長,極微デバイス次世代材料研究センター長,窒化物半導体マルチビジネス創生センター長,創造工学教育推進センター長,サイバーセキュリティセンター長,保健センター長及び国際交流推進室長(以下「本部長等」という。)は,規則第8条第2項の規定により組織運営又は研究に必要な教員像を人事企画院に申し出る場合には,必要に応じて,当該申出に関連する教育類長,専攻長,共通教育実施本部長及び本部長等と協議の上,申出書を連名で人事企画院に提出するものとする。

3 若手研究イノベータ養成センター長は,規則第8条第3項の規定により教員像を人事企画院に申し出る場合には,必要に応じて,当該申出に関連する教育類長,専攻長,共通教育実施本部長及び本部長等と協議の上,申出書を連名で人事企画院に提出するものとする。

 (教員像の説明)

第3条 規則第8条第1項及び第2項の規定により教員像の申出を行う領域長,教育類長,共通教育実施本部長,専攻長及び本部長等(以下「領域長等」という。)又はこれに準ずる者は,申出書に基づき,人事企画院において当該教員像について説明を行うものとする。

 (推薦理由の説明)

第4条 規則第8条第5項の規定により大学院工学研究科の大学院担当教員の申出を行う専攻長は,推薦書を人事企画院に提出し,推薦理由の説明を行うものとする。

2 前項に定める推薦書は,500字程度とし,教育上必要な理由及び業績について重点的に記載するものとする。

 (他専攻を担当する場合の資格審査)

第5条 既に大学院担当教員の資格を認められた者を他専攻の研究指導又は講義の担当とする場合には,同一の専門分野を除きその都度資格審査を行うものとする。

 (申出の時期)

第6条 人事企画院への教員像の申出の時期は,年間1回とし,人事企画院長は,申出の時期の1月前までに領域長等に日時を通知する。ただし,教員の転出等により不測の事態が生じた時はその都度申し出ることができる。

2 前項の通知を受けた領域長等は,教員像の申出を行う必要がある場合には,人事企画院開催日の1週間前までに申出書その他必要書類を人事企画院に提出する。

 (人事企画院の代理出席)

第7条 規則第3条第6号,第7号及び第9号の委員は,代理出席を認めるものとする。この場合において,当該各委員の代理となれる者は,同条第6号の委員にあっては,当該教育類の副教育類長,同条第7号の委員にあっては,当該専攻の副専攻長,同条第9号の委員にあっては,同号の他のセンター長とする。

 (人事部会の判定資料等)

第8条 人事部会は,教授,准教授及び助教の選考にあっては,文書により教育に対する所見の提出を求める。

第9条 人事部会は,研究業績の判定にあっては,公にされた著書,論文,報告又は専門の学会若しくは同等の機関に発表された論文等を資料として判定を行う。

第10条 人事部会は,教育に対する識見又は能力の判定にあっては,その専門の教育に関する論説及び経歴又は教育実践により判定を行う。

第11条 人事部会は,芸術,体育等の能力の判定にあっては,権威ある体育会等における技術に関する証明等を併せて判定の資料とする。

   附 則

 この細則は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成161110日から施行し,平成1610月1日から適用する。

   附 則

 この細則は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成17年4月13日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成18年5月17日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成19年4月25日から施行する。

   附 則

 この細則は,平成20年5月21から施行する。

   附 則

 この細則は,平20年9月24日から施行する。

   附 則

1 この細則は,平成21年6月24日から施行する。

2 国立大学法人名古屋工業大学特定有期雇用職員就業規則(平成19年9月11日制定)第6条第1項に規定するテニュア・トラック准教授及びテニュア・トラック助教は,第9条において准教授及び助教と読み替えて適用するものとする。

附 則(平成24年3月16日細則第9号)

この細則は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日細則第8号)

この細則は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成261126日細則第5号)

この細則は,平成2612月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日細則第7号)

この細則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日細則第6号)

 この細則は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月22日細則第5号)

 この細則は,平成29年3月1日から施行する。