名古屋工業大学リサーチ・アドミニストレーション・オフィス規則

 

(平成26年6月25日規則第3号)

 

 (趣旨)

第1条 この規則は,名古屋工業大学学則(平成16年4月1日制定)第5条の3の規定に基づき,名古屋工業大学リサーチ・アドミニストレーション・オフィス(以下「URAオフィス」という。)に関し,必要な事項を定める。

 (目的)

第2条 URAオフィスは、名古屋工業大学(以下「本学」という。)における研究のグローバル化の実現及びイノベーションの推進強化を目的とする。

 (業務)

第3条 URAオフィスは,次の各号に掲げる業務を行う。

 一 研究力強化戦略原案の策定

 ニ 研究情報の調査・分析・評価

 三 国内外機関との研究連携の企画

 四 大型研究プロジェクトの獲得支援

 五 その他本学の研究力強化に必要となる業務

 (組織)

第4条 URAオフィスは,次に掲げる者をもって組織する。

 一 オフィス長

 二 エグゼクティブ・リサーチ・アドミニストレーター(以下「エグゼクティブURA」という。)

 三 シニア・リサーチ・アドミニストレーター

 四 リサーチ・アドミニストレーター

2 前項各号に規定する者のほか,URAオフィスに,学長が指名する職員を必要に応じ加えることができる。

(オフィス長)

第5条 前条第1項第1号に定めるオフィス長には,学長が指名するエグゼクティブURAをもって充てる。

2 オフィス長は,URAオフィスの業務を統括する。

 (事務)

第6条 URAオフィスの事務は,人事課,財務課及び関係する課又は室の協力を得て,研究支援課が処理する。

 (雑則)

第7条 この規則に定めるもののほか,URAオフィスに関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規則は,平成26年7月1日から施行する。