名古屋工業大学入試委員会規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 名古屋工業大学に,名古屋工業大学入試委員会(以下「委員会」という。)を置く。

 (審議事項)

第2条 委員会は,次の各号に掲げる事項について審議する。

 一 学部及び大学院の学生募集に関すること。

 二 大学入試センター試験に関すること。

 三 入学試験の実施に関すること。

 四 その他入学試験に関すること。

 (組織)

第3条 委員会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

 一 学長が指名する副学長

 二 各教育類から選出された教授又は准教授 各2名(ただし,創造工学教育類は1名とする。)

 三 共同ナノメディシン科学専攻から選出された教授又は准教授 1名

 四 共通教育担当集団から選出された教授又は准教授 2名

 五 工学教育総合センターから選出された教授又は准教授 1名

 六 留学生センターから選出された教授又は准教授 1名

 七 学長が指名する教授又は准教授 若干名

 八 事務局次長(事業担当)

2 前項第2号に規定する委員については,大学院に関する事項についても担当する。

 前項第2号から第7号までの委員は,学長が任命する。

 (任期)

第4条 前条第1項第2号から第7号までの委員の任期は2年とし,再任を妨げない。ただし,委員が任期満了前に欠けた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

 (委員長)

第5条 委員会に委員長を置き,学長が指名する副学長をもって充てる。

2 委員長は,委員会を主宰する。

3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長の指名した者がその職務を代行する。

 (議事)

第6条 委員会は,委員の過半数が出席しなければ議事を開き,議決することができない。

2 委員会の議事は,出席した委員の過半数の賛成をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

 (部会)

第7条 委員会が,必要と認めるときは,部会を置くことができる。

2 部会に関し必要な事項は,別に定める。

 (委員以外の者の出席)

第8条 委員長が必要と認めるときは,委員会に委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。

 (事務)

第9条 委員会に関する事務は,入試課において処理する。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員会が別に定める。

   附 則

1 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

2 この規程施行の際,第3条第1項第2号から第6号までの規定により最初に選出される委員のうち半数の委員の任期は,第4条本文の規定にかかわらず,1年とする。

   附 則

1 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

2 この規程施行後,この規程による改正後の名古屋工業大学入試委員会規程(以下「委員会規程」という。)第3条第1項第4号,第5号及び第6号の規定により最初に選出される委員のうち半数の委員の任期は,委員会規程第4条本文の規定にかかわらず,平成18年3月31日までとする。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

   附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26325日規程第27号)

この規程は,平成26年4月1日から施行する。

   附 則(平成 28年3月2日規程第16号)

1 この規定は,平成28年4月1日から施行する。

2 この規程施行後,この規程による改正後の名古屋工業大学入試委員会規程(以下「委員会規程」という。)第3条第1項第2号から第6号の規定により最初に選出される委員のうち半数の委員の任期は,委員会規程第4条本文の規定にかかわらず,平成29年3月31日までとする。

附 則(平成29年3月14日規程第24号)

この規程は,平成29年4月1日から施行する。