名古屋工業大学安全管理委員会規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 名古屋工業大学に,安全管理に関する事項(安全衛生委員会において調査審議する事項を除く。)を調査審議するため,名古屋工業大学安全管理委員会(以下「委員会」という。)を置く。

 (任務)

第2条 委員会は,次に掲げる事項を調査審議し,必要な業務を行う。

 一 防災及び防犯に関する業務

 二 放射線障害の防止に関する業務

 三 国際規制物資の管理に関する業務

 四 エックス線障害の防止に関する業務

 五 高圧ガス危害の防止に関する業務

 六 薬品(毒物及び劇物,特定物質及び指定物質,廃液を含む。)の取扱いに関する業務

 七 危険物の取扱いに関する業務

 八 火薬類の取扱いに関する業務

 九 動物実験の安全確保に関する業務

 十 遺伝子組換え実験の安全確保に関する業務

 十一 その他安全管理に関して必要な業務

2 委員会は,前項各号に掲げる事項について調査審議した結果及びそれに基づき対応した業務結果を,学長に報告する。

 (組織)

第3条 委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 一 学長が指名する理事

 二 学長が指名する副学長

 三 教育類長又は副教育類長

四 共同ナノメディシン科学専攻長

五 教育研究センター機構運営本部長

 六 産学官金連携機構長,工学教育総合センター長,留学生センター長,情報基盤センター長,リスクマネジメントセンター長,若手研究イノベータ養成センター長,ものづくりテクノセンター長,先進セラミックス研究センター長,極微デバイス次世代材料研究センター長,窒化物半導体マルチビジネス創生センター長,サイバーセキュリティセンター長及び国際交流推進室長の中から選出された者 1名

 七 産業医

 八 第8条に定める部会の長

 九 その他学長が必要と認めた者 若干名

 (任期)

第4条 前条第9号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,委員が任期満了前に欠けた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

 (委員長)

第5条 委員会に委員長を置き,学長が指名する理事又は副学長をもって充てる。

2 委員長は,委員会を主宰する。

3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長が指名した者がその職務を代行する。

 (議事)

第6条 委員会は,委員の過半数が出席しなければ,議事を開き,議決することができない。

2 委員会の議事は,出席者の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

 (委員以外の者の出席)

第7条 委員長が必要と認めるときは,委員会に委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。

 (部会)

第8条 委員会に,安全管理に関する具体的な事項を調査検討し,必要な業務を行うため,部会を置く。

2 部会に関し必要な事項は,別に定める。

 (事務)

第9条 委員会の事務は,安全管理室において処理する。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員会が別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成1610月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成20年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成20年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成20年9月24日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年6月24日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年2月27日規程第19号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規程第27号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第18号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月22日規程第18

 この規程は,平成29年3月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日規程第22

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月27日規程第7号

この規程は,平成2910月1日から施行する。