名古屋工業大学安全衛生委員会規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 名古屋工業大学に,労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「安衛法」という。)に定める労働安全衛生に関する事項並びに学生の健康管理及び安全管理に関する事項を調査審議するため,名古屋工業大学安全衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。

 (任務)

第2条 委員会は,次に掲げる事項を調査審議し,必要な業務を行う。

 一 職員及び学生の危険防止に関する業務

 二 職員及び学生の健康障害の防止に関する業務

 三 職員及び学生の健康の保持増進に関する業務

 四 労働災害の原因究明及び再発防止対策に関する業務

 五 その他安衛法に定める安全衛生に関して必要な業務

2 委員会は,前項各号に掲げる事項について調査審議した結果及びそれに基づき対応した業務結果を,学長に報告する。

3 委員会は,第1項各号に掲げる事項について調査審議したときは,学長に対して意見を述べることができる。

 (組織)

第3条 委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 一 総括安全衛生管理者

 二 産業医

 三 国立大学法人名古屋工業大学安全衛生管理規程(平成16年4月1日制定)第6条及び第7条の規定により選任した安全管理者及び衛生管理者のうちから学長が指名した者 各3名

 四 安全に関し経験を有する職員のうちから学長が指名した者 若干名

 五 衛生に関し経験を有する職員のうちから学長が指名した者 若干名

2 前項に定める者のほか,作業環境測定士の資格を有する職員のうちから学長が指名する者を加えることができる。

3 学長は,第1項第1号の委員以外の委員の半数については,職員の過半数を代表する者の推薦に基づき指名しなければならない。

 (任期)

第4条 前条第1項第3号から第5号までの委員の任期は1年とし,再任を妨げない。ただし,補欠の委員の任期は前任者の残任期間とする。

2 前条第2項の委員の任期は,前項に準ずる。

 (委員長)

第5条 委員会に委員長を置き,総括安全衛生管理者をもって充てる。

2 委員長は,委員会を主宰する。

3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長が指名した者がその職務を代行する。

 (議事)

第6条 委員会は,委員の過半数が出席しなければ,議事を開くことができない。

2 委員会の議事は,出席者の4分の3以上をもって決する。

 (委員以外の者の出席)

第7条 委員長が必要と認めるときは,委員会に委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。

 (部会)

第8条 委員会に,必要に応じて部会を置くことができる。

2 部会に関し必要な事項は,別に定める。

 (事務)

第9条 委員会の事務は,安全管理室において処理する。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員会が別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。