名古屋工業大学リサーチ・アドミニストレーター選考・評価委員会規程

 

(平成29年3月24日規程第21号)

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,国立大学法人名古屋工業大学特定有期雇用職員就業規則(平成19年9月11日制定)第17条第2項に規定する名古屋工業大学リサーチ・アドミニストレーター選考・評価委員会(以下「選考・評価委員会」という。)に関し,必要な事項を定める。

(任務)

第2条 選考・評価委員会は,次に掲げる事項について審査する。

 一 リサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という。)の採用選考に関する事項

 二 URAの呼称付与に関する事項

三 URAの昇任に関する事項

 四 URAの任期解除再任に関する事項

五 その他URAに関し必要な事項

(組織)

第3条 選考・評価委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。

 一 学長が指名する副学長

 二 研究企画院長

三 産学官金連携機構長

 四 事務局次長(事業担当)

 五 研究支援課長

六 学長が指名する者 若干名

(任期)

第4条 前条第6号の委員の任期は1年とし,再任を妨げない。ただし,委員が任期満了前に欠けた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

 (委員長)

第5条 選考・評価委員会に委員長を置き,第3条第1号の委員をもって充てる。

2 委員長は,選考・評価委員会を主宰する。

3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長の指名した者がその職務を代行する。

 (議事)

第6条 選考・評価委員会は,構成員の過半数が出席しなければ,議事を開き,議決することができない。

2 選考・評価委員会の議事は,出席者の過半数をもって決し,可否同数のときは,委員長の決するところによる。

 (委員以外の者の出席)

第7条 委員長が必要と認めたときは,選考・評価委員会に委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。

(秘密保持義務)

第8条 委員は,その職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。委員の職を退いた後も同様とする。

(事務)

第9条 選考・評価委員会の事務は,研究支援課の協力を得て,人事課において処理する。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,選考・評価委員会に関し必要な事項は,別に定める。

 

 この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月27日規程第7号

この規程は,平成2910月1日から施行する。