名古屋工業大学名誉博士称号授与規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (目的)

第1条 この規程は,名古屋工業大学名誉博士(以下「名誉博士」という。)の称号の授与について必要な事項を定めることを目的とする。

 (称号を受ける資格)

第2条 名誉博士の称号は,次の各号の一に該当する者に授与することができる。

 一 名古屋工業大学(以下「本学」という。)における教育研究に寄与した功績が顕著であると認められる者

 二 学術文化に寄与した功績が特に顕著であり,本学において顕彰することが適当と認められる者

 (候補者の推薦)

第3条 学長,副学長,領域長,教育類長,専攻長,教育研究センターの長,産学官金連携機構長,工学教育総合センター長,留学生センター長,情報基盤センター長,リスクマネジメントセンター長,ダイバーシティ推進センター長,ものづくりテクノセンター長,先進セラミックス研究センター長,極微デバイス次世代材料研究センター長,窒化物半導体マルチビジネス創生センター長,創造工学教育推進センター長,サイバーセキュリティセンター長,保健センター長及び国際交流推進室長は,前条に該当すると認められる者(以下「候補者」という。)があるときは,学長に推薦することができる。

2 前項の推薦に当たっては,推薦書に候補者の略歴,功績に関する調書を添付するものとする。

 (資格の審査)

第4条 学長は,前条の推薦があったときは,第2条に規定する資格の有無について,名誉博士審査委員会(以下「委員会」という。)の意見を聴くものとする。

2 委員会については,別に定める。

 (称号の授与)

第5条 名誉博士の称号は,教育研究評議会の議を経て学長が授与する。

 (名誉博士記の交付)

第6条 名誉博士の称号を授与するときは,別記様式第1号により,名誉博士記を交付する。

 (雑則)

第7条 この規程に定めるもののほか,名誉博士の称号の授与に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成161222日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成20年9月24日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成261126日規程第17号)

 この規程は,平成2612月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規程第27号)

 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第18号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年2月22日規程第18

 この規程は,平成29年3月1日から施行する。

附 則(平成29年9月27日規程第7号

 この規程は,平成2910月1日から施行する。

 


別記様式第1号

 

 

 名博第  号

 

名 誉 博 士 記

 

                                             氏名

 

1 あなたは本学の教育研究の発展に関して特に顕著な功績を挙げられましたので 名古屋工業大学名誉博士の称号を授与します。

2 あなたは学術文化の発展に特に顕著な貢献をされましたので名古屋工業大学名 誉博士の称号を授与します。

 

    年  月  日

 

                   名古屋工業大学長 氏名  印

 

 備 考

1 用紙の規格は,A4縦・横書きとする。

2 第2条第1号又は第2号の授与要件により上記1又は2を選択する。

3 授与に当たっては,必要に応じて外国語による翻訳文を添付する。