名古屋工業大学受託技術研修取扱要項

 

平成16年4月15日 制定

 

 (趣旨)

第1 この要項は,名古屋工業大学(以下「本学」という。)における受託技術研修に関し,必要な事項を定める。

 (定義)

第2 この要項において「受託技術研修」とは,地域社会における技術開発の振興及び産学官連携の推進に寄与するため,本学が民間企業その他学外の機関(以下「民間機関等」という。)からの委託を受け民間機関等の技術者,研究者等の専門的な知識及び技術の向上を図ることを目的に実施する研修をいう。

 (受入れの原則)

第3 受託技術研修は,本学の教育研究上有意義であり,かつ,本学の教育研究に支障を生じるおそれがないと認められる場合に受け入れるものとする。

 (申込み)

第4 受託技術研修を委託しようとする民間機関等(以下「委託者」という。)は,必要事項を記載した受託技術研修申込書により学長に申し込むものとする。

 (受入れの決定及び担当者の指名)

第5 学長は,受託技術研修の申込みがあった場合は,受入れの可否を決定するものとする。

2 学長は,前項の規定により受入れを決定した場合は,本学の教員の中から当該受託技術研修の担当者(以下「研修担当者」という。)を指名する。

 (研修計画書の作成)

第6 研修担当者は,当該受託技術研修に係る研修計画書を作成し,学長に提出する。

 (委託者への通知)

第7 学長は,研修担当者から提出された研修計画書に基づき,別に定める通知書により,受入れの可否及び研修担当者の氏名,研修期間,研修内容その他研修の実施に必要な事項を委託者に通知するものとする。

 (経費)

第8 受託技術研修に要する経費は,委託者が負担するものとし,その額は,本学と委託者との協議により定めるものとする。

2 受託技術研修に要する経費は,本学の収入とする。

 (事務)

第9 受託技術研修に関する事務は,事務局各課の協力を得て,研究支援課において処理する。

 (雑則)

第10 この要項に定めるもののほか,受託技術研修の実施に関し必要な事項は,学長が別に定める。

   附 記

 この要項は,平成16年4月15日から実施する。

   附 記

 この要項は,平成181024日から実施する。

   附 記

 この要項は,平成21年5月1日から実施する。

   附 記

 この要項は,平成24年8月1日から実施する。