名古屋工業大学研修員規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,私立学校,専修学校,公立高等専門学校,公立大学等の教職員を私学研修員,専修学校研修員,公立高等専門学校研修員,公立大学研修員及び教員研修センター研修員(以下「研修員」という。)として名古屋工業大学(以下「本学」という。)に受け入れる場合の取扱いに関し,必要な事項を定める。

 (受入許可)

第2条 私学研修員は,私学研修福祉会理事長から,専修学校研修員は,専修学校教育振興会理事長から,公立高等専門学校研修員は,公立高等専門学校研修員を派遣しようとする学校長から,公立大学研修員は,公立大学研修員を派遣しようとする大学長から,教員研修センター研修員は,独立行政法人教員研修センター理事長からの別紙調書を添付した依願書又は申出書に基づき,学長が,本学の教育研究及び管理上支障がない範囲で受入れを許可する。

 (研究期間)

第3条 研修員の研究期間は,4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。ただし,特別の事情がある場合には,研究期間を6か月又は3か月に短縮することができる。

 (研究料)

第4条 研修員の研究料は,本人の所属の機関において,その研究期間に応じて3か月ごとに,3か月分に相当する額をその当初の月に納付しなければならない。ただし,教員研修センター研修員については,1か月分に相当する研究料を納付することができる。

2 研究料の額は,別に定める。

3 既納の研究料は,返還しない。

 (単位等)

第5条 研修員には単位を与えないものとする。

第6条 この規程に違反したとき,又は疾病その他の事由で研修の見込がない者については,指導教員の申出により学長が研修を中止させることがある。

 (規則の遵守)

第7条 研修員は,本学の諸規則を遵守しなければならない。

 (雑則)

第8条 この規程に定めるもののほか,研修員に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

 

別紙 略