名古屋工業大学エックス線障害予防規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 名古屋工業大学(以下「本学」という。)におけるエックス線装置の使用によるエックス線障害の防止に関しては,労働安全衛生法(昭和47年法律第57号),労働安全衛生法施行令(昭和47年政令第318号)及び電離放射線障害防止規則(昭和47年9月30日労働省令第41号)に定めるもののほか,この規程の定めるところによる。

 (定義)

第2条 この規程において「エックス線装置」とは,本学が管理するエックス線を発生させる装置で研究教育用に常置する100万電子ボルト未満のものをいう。

 (組織)

第3条 エックス線装置を取り扱う業務については,次の組織によるものとする。この場合において,組織図中の「領域長等」とは,領域,教育類,専攻,教育研究センター,産学官金連携機構,若手研究イノベータ養成センター,ものづくりテクノセンター,先進セラミックス研究センター,極微デバイス次世代材料研究センター及び窒化物半導体マルチビジネス創生センターの長をいう。

 

(別図)

 

 (委員会)

第4条 エックス線障害の防止に関する事項は,安全管理委員会が審議する。

 (エックス線装置の設置廃止等)

第5条 領域長等は,エックス線装置を設置し,変更し,又は廃止した場合は,別記様式第1号により学長に報告しなければならない。

 (装置管理者及び装置副管理者)

第6条 領域長等は,エックス線装置に装置管理者を置くものとする。

2 領域長等は,装置副管理者を置くことができる。

3 装置管理者及び装置副管理者は,装置を使用する教員とする。

4 領域長等は,装置管理者及び装置副管理者を置き,又は変更したときは,学長に報告しなければならない。

5 装置管理者は,エックス線装置に関する関係法令及びこの規程に定める業務を行う。

6 装置副管理者は,装置管理者を補佐する。

 (使用者の登録)

第7条 エックス線装置を使用しようとする者は,あらかじめ領域長等及び装置管理者の同意を得た上,別記様式第2号により学長に登録の申請をしなければならない。

2 学長は,前項の申請をした者に対して第15条第1項に規定する健康診断を行い,異常が認められない者に限って登録するものとする。

3 登録は,当該年度に限り有効とする。

4 登録の更新をしようとする者は,あらかじめ領域長等及び装置管理者の同意を得た上,前年度の2月末日までに登録の更新を申請しなければならない。

 (保守点検)

第8条 装置管理者は,当該設備の整備点検を行い,エックス線装置の性能を維持し,測定用又は防護用の器具等の保守を行わなければならない。

 (管理区域)

第9条 装置管理者は,エックス線量が法定の基準を超え又はそのおそれのある場所に管理区域を設定し,次の各号に掲げる事項を行わなければならない。

 一 管理区域の境界を標識で明示し,区域内にみだりに人が立ち入らない措置を講ずること。

 二 管理区域又はその周辺の目につきやすい場所に線量当量または線量当量率の測定結果及びエックス線障害の発生を防止するために必要な注意事項を掲げること。

 三 第7条により登録された者(以下「エックス線装置使用者」という。)にガラスバッジ,ポケット線量計等の被ばく量測定用具を装置させること。

 四 エックス線装置使用者以外の者が立ち入る場合は,かならず所属,職名,氏名及び入退出時間を備え付けの帳簿に明記させ,被ばく量測定用具を装着させて,装置管理者の指示に従わせること。

2 装置管理者は,管理区域を設定し,廃止し,又は変更した場合は,速やかに領域長等に報告するとともに周知に努めるものとする。

 (警報装置)

第10条 装置管理者は,エックス線が供給又は発生されている場合に自動的に警報する装置を設置しなければならない。

 (記帳)

第11条 装置管理者は,次の事項を記載した帳簿を備え付け,エックス線装置使用者に必要事項を記入させなければならない。

 一 装置の種類及び規格

 二 使用対陰極又は管球の種類

 三 管球電圧及び電流

 四 撮影方法又は測定方法

 五 所属,職名及び氏名

 六 使用年月日及び時間

 七 使用被ばく線量測定用具名

 八 その他エックス線障害の防止に必要な事項

 (測定)

第12条 装置管理者は,当該管理区域内及び管理区域の外側の外部放射線による1センチメートル線量当量率又は1センチメートル線量当量測定を6月(固定していない装置については1月)を超えない期間毎に行い記録するものとする。

 (教育訓練)

第13条 装置管理者は,エックス線装置使用者に対し,次の各号に掲げる教育訓練を行わなければならない。

 一 エックス線の人体に対する影響

 二 安全作業方法及び技術

 三 エックス線障害を防止するための方法

 四 緊急の場合に講ずべき事項

 五 その他エックス線障害の発生を防止するために必要な事項

2 前項の教育訓練は,エックス線装置使用者のうち,管理区域に立ち入らない者で第7条第4項により登録を更新した者について,省略することができる。

 (異常の報告)

第14条 エックス線装置使用者は,エックス線装置に異常を認めた場合は,直ちに装置管理者に連絡しなければならない。

2 装置管理者は,当該エックス線装置に異常を認めその異常がエックス線障害を発生するおそれがあると認めた場合は,直ちに適切な措置を講じ,その状況を領域長等及び安全管理委員会委員長(以下「委員長」という。)を通じて学長に報告しなければならない。

 (健康診断)

第15条 学長は,第7条の登録の申請をした者及びエックス線装置使用者に対し,電離放射線障害防止規則に定める健康診断を受けさせなければならない。ただし,管理区域に立ち入ることのない者については,健康診断を省略することができる。

2 エックス線装置使用者は,次の各号に該当する場合において,速やかに健康診断を受けなければならない。

 一 管理区域に立ち入る者については,放射線作業従事者の線量限度を越える被曝をしたおそれがある場合

 二 管理区域に立ち入らない者については,公衆の線量限度を越える被曝をしたおそれがある場合

 三 その他領域長等及び装置管理者が必要と認めて指示した場合

3 健康診断は,保健センターが行い,記録は年度毎に保存する。

4 保健センターは,健康診断の結果を領域長等及び装置管理者及び本人に通知するものとする。

 (エックス線障害を受けた者に対する措置)

第16条 学長は,エックス線障害を受けた者又は受けたおそれのある者(以下この条において「受けた者」という。)に対し,保健センター及び委員長の意見に基づき作業時間の短縮,禁止等必要な措置を講じなければならない。

2 学長は,エックス線障害を受けた者に対し,医師の保健指導を受けさせなければならない。

 (緊急時の措置)

第17条 事故等によりエックス線障害が発生するおそれがある場合又は発生した場合(以下この条において「緊急事態」という。)の措置は,次の各号に掲げるところによる。

 一 エックス線装置使用者は,緊急事態が生じた場合には,直ちに適切な措置を講ずるとともに装置管理者に通知すること。

 二 装置管理者は,前号の通知を受けたときは,必要な措置を講ずるとともに遅滞なく学長,領域長等及び委員長に報告しなければならない。

 三 装置管理者は,緊急事態発生時にその区域にいあわせた者に速やかに医師の診察又は処置を受けさせなければならない。

 (義務違反者に対する処置)

第18条 装置管理者は,エックス線装置使用者が関係法令及びこの規程に定める義務に違反したと認めた場合は,取扱いの制限,中止その他の必要な措置を講ずることができる。

2 装置管理者は,前項の措置を講じた場合は,領域長等を経て学長及び委員長に報告するものとする。

 (委員会の勧告)

第19条 委員会は,装置管理者が関係法令及びこの規程に定める義務に違反したと認めた場合は,学長に対し,エックス線装置の使用中止を含む措置の勧告を行うことができる。

 (記録の保存)

第20条 装置管理者は,第9条第1項第4号,第11条及び第12条の記録を5年間保存しなければならない。

 (職員以外の者の使用)

第21条 装置管理者は,職員以外の者にエックス線装置を使用させる場合には,保健及び安全管理について,この規程に準じた措置を講ずるものとする。

 (準用)

第22条 エックス線の発生を伴う装置を使用する者で,被ばくの恐れのある者は,この規程に準じた措置を講ずるものとする。

 (雑則)

第23条 この規程に定めるもののほか,エックス線装置によるエックス線障害の予防に関し必要な事項は,安全管理委員会が定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成1710月4日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年2月6日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年6月24日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規程第27号)

 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月24日規程第22

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月27日規程第7号

 この規程は,平成2910月1日から施行する。

 

 

別記様式 略

 

別図(第3条関係) 

 

 

 

学長

 

 

領域長等

 

 

装置管理者

 

 

エックス線装置使用者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全管理委員会