名古屋工業大学教育類長及び副教育類長規則

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規則は,名古屋工業大学教育類規則(平成16年4月1日制定。以下「教育類規則」という。)第3条第3項の規定に基づき,教育類に置く教育類長及び副教育類長(以下「教育類長等」という。)に関し,必要な事項を定める。

 (教育類長の任務)

第2条 教育類長は,当該教育類における次に掲げる事項を処理する。

 一 中期目標・中期計画に関すること。

 二 自己点検・評価に関すること。

三 教育類規則第2条第1項に定める学科又は課程(以下「対応する学科等」という。)の教育に関すること。

四 対応する学科等に所属する学生に関すること。

五 教員像の申出に関すること。

 六 学生経費に関すること。

 七 教育類会議に関すること。

 八 教育類内の連絡・調整に関すること。

 九 その他教育類の運営に関し必要な事項

2 教育類長は,対応する学科等の学科長又は課程長を兼任する。

 (副教育類長の任務)

第3条 副教育類長は,教育類長を補佐する。

2 副教育類長は,対応する学科等の副学科長又は副課程長を兼任する。

 (副教育類長の人数)

第4条 副教育類長は,生命・応用化学教育類,情報工学教育類及び社会工学教育類にあっては各3名,物理工学教育類,電気・機械工学教育類及び創造工学教育類にあっては各2名,基礎教育類及び第二部の各教育類にあっては各1名を置く。

 (教育類長等の資格)

第5条 教育類長は,各教育類を担当する教授をもって充てる。

2 副教育類長は,名古屋工業大学教育課程履修規程(平成16年4月1日制定)第2条第2項に定める分野又はコースごとに担当する教授をもって充てる。

 (推薦及び任命)

第6条 教育類長等は,各教育類の推薦を経て,学長が任命する。

 (推薦の時期)

第7条 教育類長等の推薦は,次の各号のいずれかに該当する場合に行う。

 一 教育類長等の任期が満了するとき。

 二 教育類長等が解任されたとき。

 三 教育類長等が辞任を申し出たとき。

 四 教育類長等が欠員となったとき。

2 各教育類は,前項第1号に該当する場合は任期満了前に,同項第2号,第3号又は第4号に該当する場合は速やかに,学長に教育類長等を推薦する。

(任期)

第8条 教育類長等の任期は1年とし,再任を妨げない。

2 前項の規定にかかわらず,前条第1項第2号,第3号又は第4号に該当する場合に任命された者の任期は,前任者の残任期間とする。

 (解任)

第9条 学長は,教育類長等が次の各号のいずれかに該当するとき,その他教育類長等たるに適しないと認めるときは,その教育類長等を解任することができる。

 一 心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認められるとき。

 二 職務上の義務違反があるとき。

(基礎教育類長等に関する特例)

第10条 基礎教育類長は,第2条第1項第3号の規定を「対応する学科等の教育のうち,基礎教育に関すること。」に読み替える。

2 基礎教育類長は,第2条第1項第4号及び同条第2項の規定は適用しない。

 基礎教育類長は,第5条第1項及び第6条の規定にかかわらず,学長が指名する教授をもって充てる。

4 基礎教育類の副教育類長は,第3条第2項の規定は適用しない。

5 基礎教育類の副教育類長は,第5条第2項の規定にかかわらず,当該教育類を担当する教授をもって充てる。

 (雑則)

第11条 この規則に定めるもののほか,教育類長等に関し必要な事項は,学長が別に定める。

   附 則

 この規則は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規則第28号)

 この規則は,平成27年4月1日から施行する。

   附 則(平成28年3月2日規則第13号)

 この規則は,平成28年4月1日から施行する。