名古屋工業大学客員教授,客員准教授及び客員助教の称号付与に関する規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学(以下「本学」という。)の客員教授,客員准教授及び客員助教(以下「客員教授等」という。)の称号付与に関し必要な事項を定める。

 (資格)

第2条 客員教授又は客員准教授の称号を付与することができる者は,次の各号に掲げる者のうち,本学において引き続き3月以上専攻分野について教育又は研究に従事する者であって,名古屋工業大学教員選考基準(平成16年4月1日制定。以下「教員選考基準」という。)第3条及び第4条に定める教授又は准教授となる資格を有するものとする。

 一 常時勤務を要しない職員

 二 学長が教育研究業務を委嘱する者

2 前項の規定にかかわらず,次の各号の業務に従事する者(外国人を含む)で,教員選考基準第3条,第4条及び第5条に定める教授,准教授又は助教となる資格を有する者についても,当該各号に定める客員教授等の称号を付与することができる。

一 本学が招へいした者で,原則として1月以上専攻分野について教育又は研究に従事する者 客員教授

二 本学が学術研究の推進を目的に外国から招へいした者で,原則として1月以上学術研究又は教育に従事する者 客員教授,客員准教授又は客員助教

 (称号の付与の申出)

第3条 客員教授等の称号を付与する必要がある場合は,当該領域長,教育類長,専攻長又はセンター長が,推薦書に必要書類を添えて,学長に申し出るものとする。

2 学長は,前項の申出が適当であると認めた場合は,人事企画院に付議するものとする。

 (称号付与)

第4条 学長は,人事企画院の議を経て,客員教授等の称号を付与する。

 (称号付与の期間)

第5条 客員教授等の称号は,あらかじめ期間を定めて付与するものとする。

 (称号付与の通知)

第6条 客員教授等の称号を付与する場合は,文書(勤務の契約を行う者にあっては,勤務の契約書)にその旨を明記して本人に通知するものとする。

 (雑則)

第7条 この規程に定めるもののほか,客員教授等の称号付与の実施に関し必要な事項は,学長が定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則(平成231116日規程第10号)

 この規程は,平成231116日から施行する。

附 則(平成24年3月16日規程第28号)

 この規程は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成261022日規程第10号)

 この規程は,平成2610月1日から施行する。