名古屋工業大学寄附講義担当講師の受入れに関する要領

 

平成21年2月18日 制定

 

(趣旨)

第1 この要領は,名古屋工業大学寄附講義規程(平成21年2月18日制定。以下「規程」という。)第6条の規定に基づき,寄附講義担当講師(以下「担当講師」という。)の受入れに関し,必要な事項を定める。

 (受入れの決定)

第2 学長は,規程第5条第3項の規定により実施を決定した寄附講義について,担当講師の資格審査を人事企画院に付議する。

2 人事企画院は,前項の付議に基づき,担当講師の資格を審査し,審査結果を学長に報告する。

3 学長は,人事企画院の議に基づき,担当講師の受入れを決定する。

 (決定通知書の交付)

第3 学長は,担当講師の受入れを決定したときは,受入れに関し必要な事項を記載した通知書を担当講師に交付する。

(年齢)

第4 担当講師の年齢の上限は,定めない。

(遵守義務)

第5 担当講師は,本学の諸規則を遵守しなければならない。

(守秘義務)

第6 担当講師は,教育上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

2 前項の規定は,担当講師として受入れが終了した後も,これを適用する。

(事故による負傷等への対応)

第7 担当講師が講義中又は本学への移動中(復路を含む。)に発生した事故により負傷又は死亡した場合は,本学は責任を負わないものとする。

(損害賠償)

第8 本学は,担当講師が故意又は過失により本学に損害を与えた場合には,その損害の全部又は一部について,賠償を求めることがある。

(施設等の利用)

第9 担当講師は,教育を行う上で必要な本学の施設,設備等を利用することができる。

 (事務)

第10 担当講師の受入れに関する事務は,人事課において処理する。

(雑則)

第11 この要領に定めるもののほか,担当講師の受入れに関し必要な事項は,別に定める。

  附 記

 この要領は,平成21年2月18日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成21年5月1日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成22年4月1日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成24年8月1日から実施する。