名古屋工業大学教員評価実施に関する指針

 

1.目的

教員の教育・研究・社会貢献など多様な活動の自己点検ならびに評価を行うことにより,教員活動を活性化するともに本学の社会的な評価を向上させることを目的とする。

 

2.基本方針

教員の活動は教育,研究だけでなく大学の組織運営や社会活動など多岐にわたる教員の活動成果を適切な評価軸を設けて評価する。また,各活動に対して数値データに基づく量的評価ならびに記述式による質的な評価を行う。

評価プロセスにおける公正性と透明性を確保するため,明確な評価の方法と手順を提示し,評価者によって恣意性の生じない評価システムを構築する。

評価結果の運用として,教員活動の活性化を触発することを目的とした,インセンティブ授与や優秀者講演会などを開催する。

評価実施の詳細として,評価方法や評価手順を記載した「教員評価実施要領」を別に定める。

 

3.対象者

 評価の対象となる教員は,教授・准教授・助教・助手とする。

ただし,評価を実施する年の12月1日において,次の各号のいずれかに該当する者は評価対象者から除く。

一 本学に採用されてから1年未満の者

二 長期出張,休職,育児休業等の事由により,評価の対象期間のうち,本学において6月以上教育研究活動を行うことができなかった者

 

4.評価の対象期間

   評価は12月に毎年実施し,評価対象とする活動業績は当年の1月から12月の1年間とする。

   ただし,場合により評価項目毎に適切な評価期間を設定する。また,研究などの中長期間に亘る評価が必要な場合には,過去複数年に遡った業績を考慮する。

 

5.評価基軸と評価基準

   教育,研究,学内活動,社会貢献の4つの評価基軸を設定し,各評価軸において数値データとして取り扱うことが可能な項目ならびにその活動内容が明確に定義される項目を対象とする。また,数値データには反映されにくい諸活動の意義や格段に優れた業績を各評価軸ならびに評価項目における特記事項として記載する。

上記4つの評価軸ならびに特記事項を勘案した上で教員個々の活動特性を総合的に評価するため総合評価軸を設け,最終評価として総合評価を行う。

教員は各評価軸ならびに総合評価軸において評価ガイドに従った定量評価を行う。ただし,評価ガイドに記載した判定基準に関わらず,特記事項に応じて自己修正を行なうことができる。

なお,センター所属の教員については各センターのミッションに応じた業績を重点的に評価する。

 

6.評価手順

教員による自己点検・評価,所属長等による点検,領域長による点検,教員評価委員会による点検と評価,役員会点検,学長決定の順に点検と評価を進める。

   教員による自己点検・評価は,定められた評価データシートに基づいて行う。

 

7.教員評価委員会

    教員評価委員会に関し必要な事項は別に定める。

 

8.異議申し立て

評価通知を受けた後,不服のある場合には構成員は学長に異議申し立てを行うことができる。申し立て期間は通知後の1ケ月以内とし,書面に理由を添えて提出する。学長は,必要に応じて教員評価委員会,関係者,本人より事情を聴取し,書面をもって異議申し立てに対して回答する。

 

. 評価結果の運用

学長は,教員評価委員会の推薦に基づき特別優秀教員及び優秀教員に対して表彰状を授与する。また,教員の努力に基づく優れた成果を奨励するために,学長は一部の特別優秀教員及び優秀教員に対して給与インセンティブを授与する。

ここで給与とは,勤勉手当と昇給を指す。特別優秀教員等の人数並びに選考方法については,教員評価委員会申合せ事項として別に定める。

教員評価における統計データは教員に学内公開する。また,特別優秀教員等については,表彰業績を内容とする学内外者を対象とする講演会やホームページを通じて,構成員や社会に公開する。本学における教員活動のアクティビティを学内外に周知させ,本学の地位向上を目的とする。学長は、活動が十分でないと評価された教員に対して、役員及び所属長等に面談を実施させ、具体的な改善方法について助言等を行い、今後の教員活動へ反映させる。

 

10.評価システムの見直し

毎年度の実施に際して教員からの改善方策を求めるとともに外部委員が参画した評価委員会を適宜開催し,評価システムの改善を図る。

 

附 記

この指針は,平成19年4月25日から実施する。

附 記

この指針は,平成20年4月23日から実施し,この指針による改正後の名古屋工業大学教員評価実施に関する指針の規定は,平成20年4月1日から適用する。

附 記

この指針は,平成21年4月1日から実施する。

附 記

この指針は,平成22年4月28日から実施する。

附 記

この指針は,平成24年3月5日から実施する。

附 記

1 この指針は,平成28年1月8日から実施し,この指針による改正後の名古屋工業大学教員評価実施に関する指針の規定は,平成28年1月1日から適用する。

2 平成27年度の教員評価については,この指針による改正後の名古屋工業大学教員評価実施に関する指針の規定にかかわらず,なお従前の例による。