名古屋工業大学プロジェクト研究型オープンラボラトリー運用細則

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この細則は,名古屋工業大学における施設の有効活用に関する規程(平成16年4月1日制定。)第10条の規定に基づき,名古屋工業大学プロジェクト研究型オープンラボラトリー(以下「オープンラボ」という。)の運用に関し,必要な事項を定める。

 (オープンラボ)

第2条 オープンラボの位置・範囲等は,施設マネジメント本部の立案に基づき,学長が別に定める。

 (使用資格)

第3条 オープンラボを使用することができる者は,学際的,先端的な研究を行う学内の個人及び研究チーム(学外者との共同研究を含む。以下「研究チーム等」という。)とする。

2 前項の研究チーム等のうち,外部資金(政府補助金,政府出資金等)を獲得した者は,その研究内容を勘案した上で,オープンラボを優先的に使用することができるものとする。

 (使用者の公募)

第4条 オープンラボの使用者は,公募するものとし,使用を希望する研究チーム等の使用責任者は,所定の使用申請書を学長に提出するものとする。

 (使用者の決定)

第5条 学長は,前条の使用申請書が提出されたときは,施設マネジメント本部に使用者の選定案を作成させ,学長に報告させるものとする。

2 前項の選定案の作成に当たっては,必要に応じ,研究企画院の意見を聴くことができるものとする。

3 学長は,第1項の報告により,オープンラボの使用者として適当と認めた場合は,使用を許可するものとする。

 (使用の取消し)

第6条 学長は,オープンラボの使用を許可された研究チーム等の使用責任者又は共同使用者が,この細則及び使用上の義務に違反した場合は,使用の許可を取り消し,又は使用を中止させることができる。

 (使用期間)

第7条 オープンラボの使用期間は,原則として5年以内とする。

 (改修)

第8条 使用責任者は,オープンラボを改修しようとするときは,所定の改修申請書を学長に提出し,許可を得るものとする。

2 前項の改修に要する費用は,研究チーム等の負担とする。

 (利用に係る経費)

第9条 オープンラボにおける研究等に必要な工作物・設備等の設置及び撤去に必要な経費は,研究チーム等の負担とする。

2 オープンラボの運用に必要な光熱水量等の経費は,研究チーム等の負担とし,その負担額は,学長が別に定める。

 (原状回復)

第10条 使用責任者は,オープンラボの使用期間が満了したとき,又は使用を中止するときは,所定の使用終了届を学長に提出し,当該施設を原状に回復しなければならない。

 (使用上の義務)

第11条 使用者は,オープンラボの使用に当たり,国立大学法人名古屋工業大学不動産等管理規程(平成16年4月1日制定)その他の定め及び関係法令に基づくほか,次の事項を遵守しなければならない。

 一 許可された目的以外の用途に使用しないこと。

 二 常に善良な管理者の注意をもって使用すること。

 三 その他学長が指示する事項を遵守すること。

 (雑則)

第12条 この細則に定めるもののほか,オープンラボの運用に関し必要な事項は,学長が定める。

   附 則

 この細則は,平成16年4月1日から施行する。