名古屋工業大学排出水及び廃棄物管理規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 名古屋工業大学(以下「本学」という。)において発生する排出水及び廃棄物(放射性同位元素等及びこれによって汚染されたものを除く。)を適切に管理するために必要な事項については,下水道法(昭和33年法律第79号),水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号),廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)その他特別の定めのあるもののほか,この規程の定めるところによる。

 (定義)

第2条 この規程において「排出水」とは,本学から下水道又は公共用水域に排出される水をいう。

2 この規程において「廃棄物」とは,次の各号に掲げるものをいう。

 一 生活系廃棄物

 二 実験系廃棄物

 三 その他学長が定めるもの

3 この規程において「生活系廃棄物」とは,次の各号に掲げるものをいう。

 一 資源ごみ

 二 可燃物

 三 不燃物

 四 粗大ごみ

 五 その他学長が定めるもの

4 前項に関する生活系廃棄物の範囲は,別に定める。

5 この規程において「実験系廃棄物」とは,次の各号に掲げるものをいう。

 一 ビン,缶及びプラスチック

 二 ガラスくず

 三 水銀系廃棄物

 四 固形廃棄物

 五 廃液

6 この規程において「排出水等責任者」とは,国立大学法人名古屋工業大学不動産等管理規程(平成16年4月1日制定。以下「不動産等管理規程」という。)第11条第1項に定める不動産等監守者をいう。

7 この規程において「排出水等副責任者」とは,不動産等管理規程第11条第1項に定める不動産等補助監守者をいう。

 (排水基準)

第3条 本学における排水基準は,別に定める。

 (総括)

第4条 学長は,排出水及び廃棄物の管理について総括するものとする。

 (管理業務)

第5条 排出水等責任者及び排出水等副責任者は,当該区域における排出水及び廃棄物の責任者として次の各号に掲げる業務を行うものとする。

 一 排出水は,第3条に定めた排水基準に適合するよう措置を講ずること。

 二 廃棄物は,分別のうえ適正に管理すること。

 三 廃棄物を保管する場合は,出火し,飛散し,流出し,及び地下に浸透し,並びに悪臭が発散するおそれのないようにすること。

 四 その他排出水及び廃棄物の管理に必要な業務を行うこと。

 (報告)

第6条 排出水等責任者は,排出水及び廃棄物の管理に係る事項について,学長から報告を求められたときは,速やかに対応するものとする。

 (管理担当者)

第7条 排出水等責任者は,必要に応じ管理担当者を指名し,その職務を補佐させるものとする。

 (教育訓練)

第8条 学長は,職員及び学生に対し,必要な教育訓練を行うものとする。

 (安全マニュアルの遵守)

第9条 職員及び学生は,廃棄物の処理に当たって,学長が別に定めるマニュアル等のほか,当該排出水等管理責任者の指示に従って取り扱わなければならない。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,排出水及び廃棄物の管理に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年7月1日から施行する。