名古屋工業大学自動車入構許可手続等に関する要領

 

平成21年7月7日 制定

 

 (趣旨)

第1 この要領は,名古屋工業大学構内交通規程(平成21年7月7日制定。以下「規程」という。)22条の規定に基づき,自動車及びオートバイの入構手続等に関し必要な事項を定める。

 (自動車入構許可の申請手続等)

第2 定期入構許可の申請手続,申請時期,有効期限等は,別表第1のとおりとする。

2 臨時入構許可の申請手続,有効期限等は,別表第2のとおりとする。

 (オートバイ入構登録の申請手続等)

第3 オートバイ入構登録の申請手続,申請時期等は,別表第3のとおりとする。

 (指定駐車区画)

第4 次の各号に掲げる自動車入構者は,当該各号に定める駐車区画に駐車しなければならない。

 一 定期入構許可証により入構する職員 15号館西及び51号館南駐車場

 二 臨時入構許可証により入構する職員 各建物付近の駐車場

 三 学生 各建物付近の駐車場

 四 生協職員 15号館西駐車場

 五 契約関係業者 納品等を行う建物付近の駐車場

 六 名誉教授 各建物付近の駐車場

 七 来学者 各建物付近の駐車場

 八 来客者 来客用駐車場

 (通行経路)

第5 構内における自動車の通行経路は,別表第4のとおりとする。

 (事務)

第6 自動車入構許可手続等に関する事務は,関係部局の協力を得て,財務課において処理する。

 (雑則)

第7 この要領に定めるもののほか,自動車入構許可手続等に関し必要な事項は,別に定める。

   附 記

 この要領は,平成21年7月7日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成21年8月1日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成22年4月1日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成2211月9日から実施し,改正後の名古屋工業大学自動車入構許可手続等に関する要領の規定は,平成22年8月1日から適用する。

   附 記

 この要領は,平成23年4月1日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成24年8月1日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成25年4月1日から実施する。

附 記

 この要領は,平成2612月1日から実施する。

附 記

 この要領は,平成29年4月1日から実施する。

 

 

 


別表第1(第2第1項関係) 定期入構許可の申請手続等

申請者の別

申請書の様式

申請時期

申請書の提出先

許可証の種類

許可等の手続

定期入構許可証の発行・更新

有効期限

更新手続

返却手続等

許可

限度数

職   員

(パートタイマーを含まない。)

自動車入構

許可申請書

(様式第1号)

随 時

財務課

自動車入

構許可証

(様式第4号)

財務課において規程別表による交付基準の確認を行い,許可及び不許可の結果を申請者に通知する。(様式第6号)

担当課

対象者

許可の日の属する1か年度

有効期限後も引き続き許可が必要な場合は,改めて申請手続を行う。

次の場合は,直ちに許可証を財務課に返却すること。

 

@通勤申請の変更,異動その他の理由により入構許可の必要がなくなった場合

 

A大学から返却を求められた場合

117

財務課

教員

技術部

学務課

学生生活課

入試課

研究支援課

学術情報課

総務課

企画広報課

人事課

財務課

経理課

施設企画課

監査室

安全管理室

国際企画室

学   生

自動車入構

許可申請書

(様式第2号)

別途提示する受付期間

自動車入

構許可証

(様式第5号)

申請書受理部局において,この規程別表による交付基準の確認を行う。不許可の場合はその旨を申請者に通知する。(様式第6号)

専ら夜間に授業又は研究指導を受ける者

 

第二部学生

次の場合は,直ちに許可証を許可証発行担当課に返却すること。

 

@通学(通勤)方法の変更,卒業(異動)その他の理由により,入構許可の必要がなくなった場合

 

A有効期限が過ぎた場合

 

B大学から返却を求められた場合

115

契約関係業者

随 時

随 時

自動車入

構許可証

(様式第5−2号)

業者

業務契約上,必要な期間とする。ただし,最長1年とする。

業務等契約上,引き続き許可が必要な場合は,改めて申請手続を行う。

次の場合は,直ちに許可証を許可証発行担当課に返却すること。

 

@業務等契約上,必要がなくなった場合

 

A有効期限が過ぎた場合

若干

学長が認める者

別に定める

自動車入

構許可証

(様式第5−3号)

申請書受理部局において,許可証を発行する。

学長が認める者

なし

 

入構許可の必要がなくなった場合は,直ちに許可証を財務課に返却すること。

備  考

(1)許可期間中に,申請書記載事項に変更があった場合は,各申請書提出先に届け出て許可証の訂正を受けなければならない。(自動車入構許可申請書記載事項変更届・・・・様式第7号)ただし,職員で住所に変更があった場合は,再度申請しなければならないものとする。この場合において,許可又は不許可の決定があるまでは,従前の許可証を使用できるものとする。

(2)自動車によらなければ通勤又は通学が困難な「障害を有する者」は,定期入構許可を受けることができる。

 

別表第2(第2第2項関係) 臨時入構許可の申請手続等

申請者の別

申請書の様式

申請書の提出先

許可証の種類

許可等の手続

臨時入構許可証の発行

有効期限

返却手続

許可限度数

職   員

(非常勤職員を含む。)

臨時自動車入構許可申請書

(様式第8号)

守衛室

臨時自動車入構

許可申請書

(様式第13号)

守衛室において,規程別表による交付基準の確認を行い,許可証を発行する。

 

不許可要件等疑義がある場合は,守衛室は大学に連絡し,その指示による。

担当

対象

発行日当日限り

退構時にすべて臨時入構許可書返却箱に投函返却する。

緊急用務の頻度

守衛室

職 員

来訪者

(一般)

臨時自動車入構許可申請書

(様式第9号)

守衛室において身分証明書等の提示を求め,確認のうえ許可証を発行する。

来訪者

(一般)

学生

第一部

臨時自動車入構許可申請書

(様式第10号)

学生生活課

申請書受理部局において,規程別表による交付基準の確認を行い,許可した場合は,臨時自動車入構許可証引換券(様式第10−2号)を申請者に発行する。

申請者は入構時に守衛室において,許可証引換券と引換えに許可証を受領する。

許可証

引換券

発行数

専ら夜間に授業又は研究指導を受ける者

 

第二部

臨時自動車入構許可申請書

(様式第11号)

課外活動

来訪者

(他大学の学生)

臨時自動車入構許可申請書

(様式第12号)

守衛室において身分証明書等の提示を求め,用務先,用務等を記載した申請書(様式第12号)を提出し,許可書を受けた後,用務先で申請書副票(様式第12−2号)に認印を受け,退構時に許可証とともに守衛室に返却する。

来訪者

(他大学の学生)

 

 

別表第3(第3関係) オートバイ入構登録の手続等

申請者の別

申請時期

登録証の種類

登録の手続

オートバイ入構登録証の発行

有効期限

更新手続

許可限度数

 

職     員

(非常勤職員を含む。)

随  時

オートバイ入構登録証

(様式第14号)

統一データベースより入力し,翌日に財務課において,許可限度数を超えていないかの確認を行い,オートバイ入構登録証(様式第14号)を申請者に発行する。

担当

対象

許可の日の属する1か年度

有効期限後も引き続き登録が必要な場合は,改めて登録手続を行う。

250

 

財務課

職  員

学  生

学     生

(研究生,科目等履修生,聴講生を含む。)

 

 

 

別表第4 略

 

 

様式 略