名古屋工業大学転部規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学学則(平成16年4月1日制定)第41条第3項の規定に基づき,転部に関し必要な事項を定める。

 (出願)

第2条 第一部から第二部又は第二部から第一部へ転部を志願する学生(以下「転部志願者」という。)は,所属学科長の了承を得て,所定の期間内に,別に定める転部受験願を学長に提出するものとする。ただし,第二部から第一部に転部を志願する場合において,創造工学教育課程への転籍を志願することはできない。

 (条件)

第3条 転部することのできる者は,第一部のいずれかの学科に2年以上又は第二部に3年以上在学した者とする。

 (転部の選考)

第4条 転部志願者は,別途実施する編・転入学試験を受験し,転部を志願する学科(以下「受入学科」という。)の審査を受けなければならない。

 (転部の許可)

第5条 転部志願者が受入学科の審査に合格した場合は,教務学生委員会で審議し,学長が転部を許可する。ただし,不合格の場合は,本人の希望により引き続き在籍することができる。

 (転部の時期)

第6条 転部の時期は,学年の始めとする。

 (転部の年次)

第7条 転部の年次は,第3年次とする。

 (単位認定)

第8条 第一部又は第二部で修得した単位は,受入学科における卒業に必要な単位として,教務学生委員会で審議し,学長が認定する。

 (履修)

第9条 転部した者は,転部後の属する学科及び年次の在学者に係る教育課程を履修する。

 (在学年限)

第10条 転部した者の在学年限は,転部する前に在籍した年数を通算し,第一部に転部した学生にあっては8年,第二部に転部した学生にあっては10年とする。

 (休学期間)

第11条 転部した者の休学の期間は,転部する前に休学した年数を通算し,第一部に転部した学生にあっては4年,第二部に転部した学生にあっては5年を超えることができない。

 (雑則)

第12条 この規程に定めるもののほか,転部に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第21号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。