名古屋工業大学研究生規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学学則(平成16年4月1日制定。以下「学則」という。)第55条及び名古屋工業大学大学院規則(平成16年4月1日制定。以下「大学院規則」という。)第44条の規定に基づき,研究生及び大学院研究生(以下「研究生等」という。)に関し,必要な事項を定める。

 (入学の時期)

第2条 研究生の入学の時期は,学期の始めとし,大学院研究生の入学の時期は,学年の始めとする。ただし,特別の理由がある場合は,この限りではない。

 (入学資格)

第3条 研究生として入学することのできる者は,次の各号の一に該当する者とする。

 一 大学を卒業した者

 二 その他本学において,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

2 大学院研究生として入学することのできる者は,次の各号の一に該当する者とする。

 一 修士の学位を有する者

 二 外国の大学において修士の学位に相当する学位を授与された者

 三 その他本学大学院において,修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者

 (入学の出願)

第4条 研究生等として入学を志願する者は,次の各号に掲げる書類に検定料を添え,所定の期間内に願い出なければならない。

 一 入学願書

 二 履歴書

 三 最終出身学校の成績証明書及び卒業(修了)証明書

2 官公庁又は企業等に在職したまま入学を志願する者は,前項に規定する書類等に,次の各号に掲げる確約書及び承諾書を添えなければならない。

 一 個人的研究のために志願するものである旨の本人の確約書

 二 勤務先の事業目的の追求のために派遣するものでない旨の所属長の確約書

 三 在職したまま研究生等となることについて差し支えない旨の所属長の承諾書

 (選考)

第5条 前条の入学志願者についての選考は,教務学生委員会が行う。

 (入学手続)

第6条 前条の選考の結果に基づき合格の通知を受けた者は,所定の期日までに,所定の書類を提出するとともに,入学料を納付しなければならない。

 (入学許可)

第7条 学長は,前条の入学手続を完了した者に入学を許可する。

 (研究期間)

第8条 研究生等の研究期間は,1年以内とする。ただし,引き続き同一の研究題目による研究を必要とする者は,学長の許可を得て研究期間を延長することができる。

2 前項の規定にかかわらず,国費外国人留学生及び外国政府派遣留学生にあっては,必要に応じて研究期間を定める。

 (指導教員等)

第9条 研究生等には,その研究題目に応じて指導教員を定める。

2 研究生等は,特定の研究題目について指導教員の指導を受けるほか,指導教員及び授業科目担当教員の承認を得て,当該研究に関連のある授業を聴講することができる。

 (研究の終了)

第10条 研究生等は,当該研究を終了したときは,研究成果の概要を記載した研究終了届指導教員経て,学長に提出しなければならない。

2 学長は,研究終了者に対し,本人の願い出により研究証明書を交付する。

 (退学)

第11条 研究生等が退学しようとするときは,退学願を提出し,学長の許可を受けなければならない。

 (検定料等)

第12条 研究生等の検定料,入学料及び授業料(以下「検定料等」という。)の額は,別に定める。

2 大学間交流協定に基づく外国人留学生に対する検定料等を相互に不徴収とすることを定めた協定を締結した大学からの協定留学生である場合の検定料等は,徴収しない。

 (授業料の納付)

第13条 研究生等の授業料の納付は,各学期の研究期間分に相当する額を,各学期の研究期間の当初の月に納付しなければならない。

 (納付した検定料等)

第14条 納付した検定料等は,還付しない。

 (実験実習費)

第15条 研究のための実験その他に要する費用は,研究生等の負担とすることがある。

 (施設等の利用)

第16条 研究生等は,指導教員及び各施設管理者の承認を得て,学内の施設及び設備を利用することができる。

 (学則等の準用)

第17条 この規程に定めるもののほか,学則,大学院規則その他諸規程等の学生に関する規定は,研究生等にこれを準用する。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成1612月8日から施行する。