名古屋工業大学聴講生規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学学則(平成16年4月1日制定。以下「学則」という。)第55条及び名古屋工業大学大学院規則(平成16年4月1日制定。以下「大学院規則」という。)第44条の規定に基づき,聴講生及び大学院聴講生(以下「聴講生等」という。)に関し,必要な事項を定める。

 (入学の時期)

第2条 聴講生等の入学の時期は,学期の始めとする。

 (入学資格)

第3条 聴講生として入学することのできる者は,次の各号の一に該当する者とする。

 一 高等学校を卒業した者

 二 本学において,高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

2 大学院聴講生として入学することのできる者は,次の各号の一に該当する者とする。

 一 大学を卒業した者

 二 本学大学院において,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

 (入学の出願)

第4条 聴講生等として入学を志願する者は,次の各号に掲げる書類に検定料を添え,所定の期間内に願い出なければならない。

 一 入学願書

 二 履歴書

 三 最終出身学校の成績証明書及び卒業(修了)証明書

 四 官公庁又は企業等に在職したまま入学を志願する者は,所属長の承諾書

 (選考)

第5条 前条の入学志願者についての選考は,教務学生委員会が行う。

 (入学手続)

第6条 前条の選考の結果に基づき合格の通知を受けた者は,指定の期日までに,所定の書類を提出するとともに,入学料を納付しなければならない。

 (入学許可)

第7条 学長は,前条の入学手続を完了した者に入学を許可する。

 (受講期間)

第8条 聴講生等の受講期間は,1年以内とする。ただし,引き続き聴講を希望する者に対しては,学長の許可を得て,1年を限度に,受講期間を延長することができる。

 (受講科目の制限)

第9条 聴講生が受講できる授業科目は,各学期5科目10単位を限度とし,大学院聴講生が受講できる授業科目は,各学期10科目,10単位を限度とする。ただし,特別の事情がある場合には,教務学生委員会で審議し,受講できる授業科目の限度を超えて受講を認めることができる。

2 前項に規定する授業科目には,実験,実習及び実技科目を含めないものとする。

 (聴講証明書)

第10条 学長は,聴講修了者に対し,本人の願い出により,聴講証明書を交付する。

 (退学)

第11条 聴講生等が退学しようとするときは,退学願を提出し,学長の許可を受けなければならない。

 (検定料等)

第12条 聴講生等の検定料,入学料及び授業料(以下「検定料等」という。)の額は,別に定める。

2 大学間交流協定に基づく外国人留学生に対する検定料等を相互に不徴収とすることを定めた協定を締結した大学からの協定留学生である場合の検定料等は,徴収しない。

 (授業料の納付)

第13条 聴講生等の授業料の納付は,前期及び後期の各学期に受講する授業科目の単位数に相当する額を,各学期の当初の月に納付しなければならない。ただし,前期及び後期を通じての受講を必要とする授業科目にあっては,その単位数に相当する額を前期の当初の月に納付しなければならない。

 (納付した検定料等)

第14条  納付した検定料等は,還付しない。

 (学則等の準用)

第15条 この規程に定めるもののほか,学則,大学院規則その他諸規程等の学生に関する規定は,聴講生等にこれを準用する。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成1612月8日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第21号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。