名古屋工業大学公開講座規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学学則(平成16年4月1日制定)第58条第2項の規定に基づき,公開講座に関し必要な事項を定める。

 (目的)

第2条 公開講座は,名古屋工業大学(以下「本学」という。)の教育研究の成果を広く社会に開放し,社会人等の教養を高め,文化の向上に資することを目的とする。

 (開設時期等)

第3条 公開講座は,授業に支障のないように実施するものとする。

 (講師)

第4条 公開講座の講師は,本学の職員とする。ただし,必要がある場合は,学外の学識経験者を講師とすることができる。

 (実施計画)

第5条 全学的に実施する公開講座は工学教育総合センター創造教育開発オフィスが企画及び立案し,毎年12月末日までに翌年度の公開講座の実施計画を学長に提出するものとする。

2 領域,教育類,専攻,教育研究センター,産学官金連携機構,工学教育総合センター,留学生センター,情報基盤センター,ものづくりテクノセンター,先進セラミックス研究センター,極微デバイス次世代材料研究センター,窒化物半導体マルチビジネス創生センター,創造工学教育推進センター,保健センター,国際交流推進室及び技術部(以下「領域等」という。)において公開講座を実施しようとする場合は,毎年12月末日までに翌年度の公開講座の実施計画を学長に提出するものとする。

 (開設)

第6条 公開講座は,教務学生委員会で審議し,開設する。

 (修了)

第7条 公開講座の所定の課程を10分の8以上出席して修了した者には,修了証書を授与する。

 (講習料)

第8条 公開講座は,別表に定めるところにより講習料を徴収する。

2 前項の規定にかかわらず,領域等から申出があった場合は,学長は教務学生委員会の議を経て,講習料を不徴収とすることができる。

3 既納の講習料は,還付しない。

 (事務)

第9条 公開講座の事務は,当該実施領域等及び学務課において処理する。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,公開講座に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

1 この規程は,平成1812月6日から施行する。

2 平成18年度以前の公開講座講習料については,なお従前の例による。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年2月5日規程第23号)

この規程は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月4日規程第27号)

 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第18号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年9月27日規程第7号

 この規程は,平成2910月1日から施行する。

 


別表(第8条第1項関係)

           公開講座講習料

講義内容

講習料

技術者等を対象とした専門講座

1時間あたり 610

一般市民を対象とした教養講座

1時間あたり 410

高校生以下を対象とした入門講座

無  料