名古屋工業大学学生寮規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学学則(平成16年4月1日制定。)第50条第2項の規定に基づき,名古屋工業大学学生寮(以下「学生寮」という。)に関し必要な事項を定める。

 (名称)

第2条 学生寮は,恒和寮と称する。

 (目的)

第3条 学生寮は,学生の生活の安定と福利の増進を図るとともに,寮生がその自治に基づく協同生活のうちに,互いに教養を高め学園生活の充実に寄与することを目的とする。

 (管理運営)

第4条 学生寮の管理運営の責任者は,学長が指名する副学長(以下「副学長」という。)とする。

2 寮生の日常生活に関しては,寮自治会規約により,寮生が自主的に行う。

3 寮自治会規約は,寮生が作成し,副学長の承認を得るものとする。これを変更しようとするときも同様とする。

 (学生寮運営委員会)

5条 学生寮の管理運営を円滑にするため,学生寮運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は,学生寮の運営に関し,次の各号に掲げる事項を審議する。

 一 学生寮の施設整備に関すること。

 二 入退寮に関すること。

 三 寮生の厚生補導に関すること。

 四 寮生の保健衛生に関すること。

 五 その他学生寮の運営に関すること。

第6条 委員会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

 一 学長が指名する副学長

 二 教務学生委員会から選出された委員 5名

 三 事務局次長(事業担当)

 四 学務課長

 五 学生生活課長

第7条 委員会に委員長を置き,副学長をもって充てる。

2 委員長は,委員会を主宰する。

3 委員長に事故があるときは,あらかじめ委員長の指名した委員がその職務を代行する。

第8条 委員会は,委員の過半数が出席しなければ,議事を開くことができない。

第9条 委員長が必要と認めた場合は,委員以外の者の出席を求め,意見を聴くことができる。

第10条 委員会の事務は,学生生活課において処理する。

 (入退寮)

第11条 学生寮の入寮資格を有するものは,名古屋工業大学の学生とする。

第12条 入寮希望者は,保証人連署の入寮願を副学長に提出して,許可を受けなければならない。

第13条 退寮希望者は,理由を付し,退寮願を副学長に提出して,許可を受けなければならない。

第14条 卒業,退学,休学又は他大学に転学した者は,直ちに退寮するものとする。

第15条 寮生が寮内の秩序を乱した場合,又は寄宿料の滞納,病気その他の理由により寮生活に不適当と認められた場合は,退寮させる。

第16条 夏季休暇中のみの退寮は,認めない。

 (寄宿料)

第17条 入寮者は,別に定めるところにより,寄宿料を毎月10日まで財務課に納入しなければならない。ただし,夏季休暇中の分は,休暇開始前に納入しなければならない。

第18条 寄宿料は,入寮当月から退寮当月までの分を納入するものとする。

第19条 既納の寄宿料は,還付しない。

 (雑則)

第20条 この規程に定めるもののほか,学生寮に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

附 則

この規程は,平成22年4月1日から施行する。

  附 則

この規程は,平成23年1月27日から施行し,改正後の名古屋工業大学学生寮規程の規定は,平成22年8月1日から適用する。

   附 則

 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成26325日規程第27号)

 この規程は,平成26年4月1日から施行する。