名古屋工業大学木曽駒高原セミナーハウス規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 名古屋工業大学(以下「本学」という。)に,名古屋工業大学木曽駒高原セミナーハウス(以下「セミナーハウス」という。)を置く。

 (目的)

第2条 セミナーハウスは,本学の学生及び職員の研修及び健康増進を図るために使用することを目的とする。

 (管理運営責任者)

第3条 セミナーハウスの管理運営責任者は,事務局次長(事業担当)(以下単に「事務局次長」という。)とする。

 (使用者の範囲)

第4条 セミナーハウスを使用できる者は,次の各号の一に掲げる者とする。

 一 本学の学生及び職員

 二 事務局次長特に認めた者

 (使用の許可)

第5条 セミナーハウスを使用しようとする者(以下「使用者」という。)は,使用開始日の7日前までに事務局次長に申込書を提出し,許可を受けなければならない。

2 使用を中止し,又は変更するときは,使用開始日の3日前までに事務局次長申し出て許可を受けなければならない。

3 事務局次長は,使用を許可したときは,使用許可証を交付するものとする。

 (使用料及び使用料の納入)

第6条 使用者は,別に定める使用料を財務課に納入するものとする。

2 使用者は,前項に定める使用料を,使用開始日の3日前までに納入しなければならない。

3 既納の使用料は,還付しない。

 (使用許可の取消し)

第7条 事務局次長,使用者が所定の期日までに使用料を納入しないときは,使用許可を取り消すことができる。

 (弁償責任)

第8条 使用者は,セミナーハウスの施設,設備,備品等の全部又は一部を滅失若しくは破損し,又はセミナーハウス使用者心得に違反したことにより損害を与えた場合は,その損害を弁償しなければならない。

 (事務)

第9条 セミナーハウスに関する事務は,学生生活課において処理する。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,セミナーハウスに関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成23年1月27日から施行し,改正後の名古屋工業大学木曽駒高原セミナーハウス規程の規定は,平成22年8月1日から適用する。

   附 則

 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成26325日規程第27号)

 この規程は,平成26年4月1日から施行する。