名古屋工業大学課外活動共用施設規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 名古屋工業大学(以下「本学」という。)に,名古屋工業大学課外活動共用施設(以下「共用施設」という。)を置く。

 (目的)

第2条 共用施設は,学生の健全かつ活発な課外活動を促進するために使用することを目的とする。

 (管理運営責任者)

第3条 共用施設の管理運営責任者は事務局次長(事業担当)(以下単に「事務局次長」という。)する。

 (使用者)

第4条 共用施設を使用できる者は,本学が公認した学生の団体(以下「学生団体」という。)とする。ただし,事務局次長が特に必要と認めた場合は,この限りではない。

 (使用期間)

第5条 共用施設の使用は,月曜日から土曜日までの9時から22時までとする。ただし,国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日及び年末年始(1225日から翌年1月4日まで)は,使用を認めないものとする。

2 前項ただし書の規定にかかわらず,事務局次長特に必要と認めた場合は,この限りではない。

 (使用の許可)

第6条 共用施設を使用しようとする学生団体は,毎年2月末日までに部員名簿を添え,事務局次長に願い出て許可を得なければならない。

2 使用を許可された学生団体は,5月末日までに部員名簿の変更手続を行うものとする。

 (施設の保全等)

第7条 共用施設を使用する者は,共用施設内の秩序維持及び施設,設備,備品等の保全のため,次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

 一 使用者は使用後必ず施錠し,鍵を学生生活課へ返還すること。

 二 使用を許可された目的,内容以外の用途に使用しないこと。

 三 使用時間を厳守すること。

 四 火気の取扱いに注意し,備付器具以外は使用しないこと。

 五 施設,設備を損傷し,汚染し,又は備付けの物品の持出しをしないこと。

 六 使用後は,室内の清掃を行い,備品を原状に復し,火気を点検の上,戸締りを行うこと。

 七 共用施設内で宿泊しないこと。

 八 その他使用に際しては,係員の指示に従うこと。

 (弁償責任)

第8条 使用者は,施設,設備,備品等を破損又は亡失した場合は,その損害を弁償しなければならない。

 (使用の中止又は禁止)

第9条 使用者がこの規程に違反した場合は,共用施設の使用を中止させ,又は禁止することがある。

 (事務)

第10条 共用施設に関する事務は,学生生活課において処理する。

 (雑則)

第11条 この規程に定めるもののほか,共用施設に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成26325日規程第27号)

 この規程は,平成26年4月1日から施行する。