名古屋工業大学国際交流会館規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (設置)

第1条 名古屋工業大学(以下「本学」という。)に,名古屋工業大学国際交流会館(以下「会館」という。)を置く。

 (目的)

第2条 会館は,外国人留学生及び外国人研究者の居住の用に供するとともに,本学が推進する諸外国との教育及び研究上の国際交流に寄与することを目的とする。

 (管理運営)

第3条 会館に館長を置き,国際交流推進本部本部長又は副本部長をもって充てる。

2 館長は,会館の管理運営を総括する。

 (入退去)

第4条 会館に入居できる者は,次の各号の一に該当する者とする。

 一 本学の外国人留学生及びその家族

 二 本学の外国人研究者及びその家族

 三 その他館長が適当と認めた者

第5条 会館の入居期間は,原則として半年以内とする。ただし,館長がやむを得ない事情があると認めた場合は,委員会で審議し,入居期間の延長を許可することができる。

第6条 会館に入居を希望する者は,入居申請書を館長に提出し,許可を受けなければならない。

第7条 入居者が退去するときは,事前に退去届を館長に提出しなければならない。

第8条 館長は,入居者が次の各号の一に該当するときは,委員会で審議し,入居の許可を取り消すことができる。

 一 寄宿料又は使用料等を所定の期日までに納入しないとき。

 二 入居者が故意又は重大な過失により,施設,設備,備品等を滅失,損傷又は汚損した場合に,遅滞なくこれを原状回復し,又はその損害を賠償しないとき。

 三 その他会館の管理運営に重大な支障を与えたとき,又は与える恐れがあるとき。

 (使用料等)

第9条 入居者は,別に定めるところにより,外国人研究者にあっては使用料を,外国人留学生にあっては寄宿料を,所定の期日までに納入しなければならない。

2 既納の使用料又は寄宿料は,還付しない。

3 入居者は,使用料又は寄宿料のほか,別に定めるところにより,光熱水料等を負担しなければならない。

 (雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,会館に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成1910月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

附 則

 この規程は,平成211118日から施行する。

附 則(平成25年3月25日規程第26号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月22日規程第31号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。