名古屋工業大学職業紹介業務運営規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,職業安定法(昭和22年法律第141号)第33条の2の規定に基づき,名古屋工業大学(以下「本学」という。)が行う無料の職業紹介業務(以下「紹介業務」という。)に関し必要な事項を定める。

 (紹介業務の範囲)

第2条 紹介業務は,本学の学生及び本学を卒業後又は修了後1年以内の者(以下「学生等」という。)を対象とする。

 (均等待遇)

第3条 本学は,紹介業務を行うに当たり,学生等を採用しようとする者(以下「求人者」という。)及び就職を希望する学生等(以下「求職者」という。)に対して,人種,国籍,信条,性別,社会的身分,門地,従前の職業等を理由として,差別的な扱いを行わない。

 (紹介業務の担当者)

第4条 紹介業務は,各学科・課程・各専攻の就職担当教員及び学生生活課の就職担当者(以下「紹介業務担当者」という。)がその業務を担当する。

 (紹介業務の総括)

第5条 事務局次長(事業担当),紹介業務に関する事務を総括管理する。

 (求人の申込み)

第6条 求人者が求人の申込みを行うときは,所定の求人票を提出しなければならない。

2 前項の求人票には,業務内容,賃金,労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。

 (求人の受理範囲)

第7条 本学は,いかなる求人の申込みについてもこれを受理する。ただし,その申込みが次の各号の一に該当するときは,これを受理しないことができる。

 一 申込みの内容が法令に違反するとき。

 二 労働条件が著しく不適当と認めるとき。

 三 申込みの内容が教育上不適当と認めるとき。

 (求職の申込み)

第8条 求職者が求職の申込みを行うときは,所定の求職票を提出しなければならない。

 (求職の受理範囲)

第9条 本学は,いかなる求職の申込みについてもこれを受理する。ただし,その申込みが次の各号の一に該当するときは,これを受理しないことができる。

 一 申込みの内容が法令に違反するとき。

 二 申込みの内容が教育上不適当と認めるとき。

 (紹介)

第10条 本学は,求職者に対して,その希望と能力に適合する職業を紹介し,求人者に対しては,その雇用条件に適合する求職者を紹介するよう努めなければならない。

 (労働争議に対する不介入)

第11条 本学は,労働争議に対する中立の立場を維持するため,同盟罷業又は作業所閉鎖の行われている求人者には,紹介業務を行わない。

 (採否の報告)

第12条 求人者及び求職者は,採否の結果を本学へ報告しなければならない。

 (守秘義務)

第13条 紹介業務担当者は,紹介業務により知り得た個人的な情報(以下「個人情報」という。)は,すべて秘密とし,他に漏らしてはならない。紹介業務に従事する者でなくなった後においても,同様とする。

2 前項の個人情報の適正管理に関し必要な事項は,別に定める。

 (雑則)

第14条 この規程に定めるもののほか,紹介業務に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則 

 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成21年5月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年7月26日規程第7号)

 この規程は,平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成26年3月25日規程第27号)

 この規程は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月2日規程第21号)

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。