名古屋工業大学基金名古屋工業大学ダブルディグリープログラム支援取扱要領

 

平成21年8月5日 制定

 

(趣旨)

第1 この要領は,国立大学法人名古屋工業大学基金規則(平成20年3月26日制定)第8条の規定に基づき,名古屋工業大学基金名古屋工業大学ダブルディグリープログラム支援(以下「ダブルディグリー支援」という。)に関し,必要な事項を定める。

(目的)

第2 ダブルディグリー支援は,名古屋工業大学大学院工学研究科博士前期課程(以下「博士前期課程」という。)に在学し,大学院でダブルディグリーを取得するために海外の大学に留学する学生に対し支援を行い,国際的視野を持った有用な人材を育成するとともに,国際交流に資することを目的とする。

(事業)

第3 ダブルディグリー支援は,博士前期課程に在学する学生(外国人留学生を除く。以下「学生」という。)」に対し,海外の大学への渡航費及び学資援助金(以下「渡航費等」という。)の給付の事業を行う。

(事業の経費)

第4 第3に規定する支援を行うために必要な経費は,名古屋工業大学基金をもって充てる。

(事業年度)

第5 事業年度は,4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(出願資格)

第6 ダブルディグリー支援の出願を行うことができる学生は,次に掲げる各号をいずれも満たす者とする。

一 博士前期課程に在学している学生

二 名古屋工業大学(以下「本学」という。)がダブルディグリープログラム協定を締結している海外の大学に,ダブルディグリーを取得するために留学する学生

三 当該学生が所属する専攻の専攻長及び当該学生の研究指導教員の推薦がある学生

(支援学生数)

第7 ダブルディグリー支援学生数は,各年度について原則として2名とする。

(給付期間及び給付額)

第8 第3に規定する学資援助金の給付期間は,海外への大学の留学期間とする。

2 渡航費等は,合わせて100万円とする。

(出願)

第9 ダブルディグリー支援を申請する学生は,別に定めるダブルディグリー支援申請書を学長に提出しなければならない。

(選考)

第10 選考は,提出された書類等により学長が指名する副学長(以下「副学長」という。)が行う。

(給付)

第11 渡航費等は,総額を一括して給付する。

(学資援助金の返還)

第12 学生は,留学期間の途中で中止又は終了した場合は,原則として翌月以降の学資援助金は返還しなければならない。

(報告)

第13 副学長は,学資援助金給付者を教務学生委員会に報告する。

(事務)

第14 ダブルディグリー支援に関する事務は,学生生活課において処理する。

(雑則)

第15 この要領に定めるもののほか,ダブルディグリー支援に関し必要な事項は,別に定める。

附 記

この要領は,平成21年8月5日から実施する。

   附 記

 この要領は,平成22年4月1日から実施する。

附 記

 この要領は,平成23年5月31日から実施する。

附 記

 この要領は,平成24年8月1日から実施する。