名古屋工業大学大学院教育課程履修規程

 

平成16年4月1日 制定

 

 (趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学大学院規則(平成16年4月1日制定)第19条の規定に基づき,大学院の教育課程及び履修方法等に関し,必要な事項を定める。

 (指導教員)

第2条 入学を許可した学生には,それぞれ専攻分野に応じ,授業科目の履修指導及び学位論文の作成等に対する指導(以下「研究指導」という。)を行うため,各専攻において指導教員を定める。

2 指導教員は,専攻分野の研究指導担当の教員とする。ただし,必要に応じて当該専攻の研究指導担当の教員又は他の専攻の研究指導担当の教員を加えることができる。

3 前項に定めるほか,共同ナノメディシン科学専攻にあっては,研究指導担当となり得る資格を有する名古屋市立大学大学院薬学研究科共同ナノメディシン科学専攻の教員を指導教員に加えることができる。

4 学修上又は研究指導上必要がある場合は,指導教員を変更することができる。

 (教育課程等)

第3条 博士前期課程の授業科目及び単位数は,別表1のとおりとし,博士後期課程の授業科目及び単位数は,別表2のとおりとする。

2 授業科目の単位の計算方法については,学部の規定を準用する。

3 博士前期課程及び博士後期課程の修了に必要な単位の修得要件は,別表3のとおりとする。

 (博士前期課程の履修計画及び履修方法)

第4条 博士前期課程の学生は,指導教員の指導により,当該年度において履修しようとする授業科目及び指導を受けようとする研究事項を決定し,指導教員の承認を得て,毎年度所定の期日までに学長に申告しなければならない。

2 授業科目の履修にあたっては別に定める履修登録単位数を上回ってはならない。また,第1年次においては20単位以上を計画し,履修することを原則とする。

3 指導教員が研究指導上有益と認めた場合は,他の専攻の授業科目(大学院の共通科目及び専攻内共通科目は除く。)を,又は他の大学院との協議に基づく当該他の大学院の授業科目を履修することができる。

4 前項の規定により授業科目を履修し,修得した単位は,10単位を限度として,課程修了に必要な単位として認定することができる。

5 履修しようとする授業科目の追加,変更又は取消等,履修計画を変更する場合は,指導教員の承認を得て,学長に申告しなければならない。

(博士後期課程の履修計画及び履修方法)

第5条 博士後期課程の学生は,指導教員の指導により,当該年度において履修しようとする授業科目及び指導を受けようとする研究事項を決定し,指導教員の承認を得て,毎年度所定の期日までに学長に申告しなければならない。

2 指導教員が研究指導上有益と認めた場合は,別に定めるところにより,博士前期課程の授業科目を,授業科目担当教員の承認を得て履修することができる。

3 前項の規定により授業科目を履修し,修得した単位は,課程修了に必要な単位として認定することができる。

4 前2項の規定は,共同ナノメディシン科学専攻の学生には適用しない。

5 履修しようとする授業科目の追加,変更又は取消等,履修計画を変更する場合は,指導教員の承認を得て,学長に申告しなければならない。

(特別研究科目の履修要件)

第5条の2 共同ナノメディシン科学専攻の学生は,専門科目のうち特別研究科目を履修しようとする場合は,次に掲げる試験及び審査(以下「研究基礎力審査」という。)に合格しなければならない。

 一 専攻分野に関する高度の専門的知識及び能力並びに当該専攻分野に関連する分野の基礎的素養であって当該専攻において修得し,又は涵養すべきものについての試験

 二 博士論文に係る研究を主体的に遂行するために必要な能力であって当該専攻において修得すべきものについての審査

2 研究基礎力審査に関し必要な事項は,別に定める。

 (授業科目の履修特例)

第6条 学生が資格等の取得を目的に,学部の授業科目の履修を願い出た場合は,別に定める授業科目に限り,授業科目担当教員及び指導教員の承認により,履修させることができる。この場合において,修得単位は,課程修了に必要な単位に算入しない。

2 学生は,前項の規定により授業科目を履修する場合は,学長に申告しなければならない。

 (学位論文の題目)

第7条 学生は,学位論文の題目を,指導教員の承認を得て,博士前期課程及び博士後期課程の第1年次の初めに学長に申告しなければならない。

 (学位論文の中間発表)

第7条の2 博士後期課程の学生は,別に定めるところにより学位論文の中間発表を行わなければならない。

 (学位論文の提出)

第8条 学生は,学位論文を,指導教員の承認を得て,所定の期日までに学長に提出しなければならない。

2 博士前期課程の学生は,課程修了に必要な30単位以上を修得した者又は修得見込みの者で,かつ,各年度の研究事項について,指導教員による必要な研究指導が終了した者でなければ,学位論文を提出することができない。

3 博士後期課程の学生は,課程修了に必要な10単位以上(共同ナノメディシン科学専攻にあっては26単位以上)を修得した者又は修得見込みの者で,かつ,中間発表を行った者でなければ,学位論文を提出することができない。

 (単位の授与)

第9条 授業科目を履修し,試験に合格した者に所定の単位を与える。

 (成績の評価)

第10条 授業科目の試験の成績は,秀,優,良,可及び不可の評語をもって表し,秀,優,良及び可を合格とする。ただし,学位論文の審査及び最終試験の成績は,合及び否で表し,合を合格とする。

2 成績の基準は,次のとおりとする。

 一 秀  100点〜90

 二 優   89点〜80

 三 良   79点〜70

 四 可   69点〜60

 五 不可  59点以下

 (学位論文の審査及び最終試験)

第11条 学位論文の審査及び最終試験については,名古屋工業大学学位規則(平成16年4月1日制定)の定めるところにより,教授会が行う。

2 最終試験は,学位論文を提出した者に対して行い,学位論文の内容を中心として,これに関連のある科目について口頭試問又は筆答試問により行う。

 (再審査及び再試験)

第12条 博士前期課程の学生で,学位論文の審査及び最終試験に不合格となった者は,教授会の承認を得て,6か月後に再審査及び再試験を受けることができる。

 (雑則)

第13条 この規程に定めるもののほか,教育課程及び履修方法に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

1 この規程は,平成16年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に,国立大学法人法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成15年法律第113号)第2条の規定による廃止前の国立学校設置法(昭和24年法律第150号)第3条第1項の表に掲げる名古屋工業大学の大学院に在学している者については,別表1,別表2及び別表3にかかわらず,なお従前の例による。

   附 則

1 この規程は,平成17年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1(共通科目「医学工学特論T」及び「医学工学特論U」を除く。)にかかわらず,なお従前の例による。

   附 則

1 この規程は,平成18年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,別表1及び別表2にかかわらず,なお従前の例による。

   附 則

1 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

2 この規程施行前に現に在学する者については,なお従前の例による。

3 前項の規定にかかわらず,改正後の規程別表1中,物質工学専攻の「ナノ機能材料工学特論」は,この規程施行の日前に在学している者から適用する。

   附 則

 この規程は,平成19年4月1日から施行する。

   附 則

 この規程は,平成20年4月1日から施行し,平成19年度入学者から適用する。

   附 則

1 この規程は,平成20年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1,別表2及び別表3にかかわらず,なお従前の例による。

   附 則

1 この規程は,平成21年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1,別表2及び別表3にかかわらず,なお従前の例による。

   附 則

1 この規程は,平成22年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1にかかわらず,なお従前の例による。

   附 則(平成23年9月28日規程第4号)

1 この規程は,平成24年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に博士後期課程に在学している者については,改正後の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成25年2月27日規程第19号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月4日規程第25号)

1 この規程は,平成26年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成26年7月2日規程第20号)

1 この規程は,平成2610月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成2612月3日規程第22号)

1 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成27年1月7日規程第23号)

1 この規程は,平成27年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成2712月2日規程第11号)

1 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表2にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成28年3月2日規程第20号)

1 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表1,別表2及び別表3にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成2812月7日規程第15号)

1 この規程は,平成29年4月1日から施行する。

2 この規程施行の日前に在学している者については,改正後の別表2及び別表3にかかわらず,なお従前の例による。

 

 

別表 略