名古屋工業大学大学院特別履修コースに関する規程

 

(平成28年3月2日規程第22号)

 

(趣旨)

第1条 この規程は,名古屋工業大学大学院規則第17条の2第2項の規定に基づき,名古屋工業大学大学院(以下「本学大学院」という。)における特別履修コースに関し必要な事項を定めるものとする。

(編成の基本)

第2条 特別履修コースは,本学大学院が開設する授業科目により体系的に編成するものとする。

(編成の要件)

第3条 特別履修コースを編成する場合は,次の要件を満たさなければならない。

一 特別履修コースの名称,目的,内容,教育課程,履修資格,定員,修了要件その他本学大学院が必要と認める事項を定めていること。

二 特別履修コースの授業科目を履修する学生数を踏まえ,定員を設定すること。

(担当教員)

第4条 特別履修コースを担当する者は,本学大学院の教授,准教授及び助教とする。

2 前項の規定にかかわらず,必要がある場合は,学外の者を特別履修コースを担当するものとして委嘱することができる。

(履修対象者)

第5条 特別履修コースの履修対象者は,本学大学院博士前期又は後期課程に在籍する者とする。

(公表)

第6条 特別履修コースを編成する場合は,当該特別履修コースの名称,目的,内容,教育課程,履修資格,定員,修了要件その他本学大学院が必要と認める事項をあらかじめ公表するものとする。

(修了証明書)

第7条 特別履修コースの修了要件を満たした者に,修了の事実を証する証明書(以下「修了証明書」という。)を交付するものとする。

2 修了証明書の様式は,別記様式のとおりとする。

(評価)

第8条 特別履修コースの実施状況並びに授業の評価及び改善については,正規課程の実施状況の評価と同様に実施するものとする。

(事務)

第9条 特別履修コースに関する事務は,学務課が処理する。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか,特別履修コースに関し必要な事項は,別に定める。

   附 則

 この規程は,平成28年4月1日から施行する。

 


 

別記様式

 

第    号

 

 

修 了 証 明 書

 

 

                                氏  名         

                                     年  月  日生

 

 

  本学大学院博士○○課程の特別履修コースにおいて所定の単位を修得し修了したことを証する

 

 

  特別履修コースの名称 

 

 

  特別履修コースの概要

 

 

 

 

  平成 年 月 日

 

 

                           名古屋工業大学長       印