名古屋工業大学若手教員評価部会細則

 

(平成27年4月22日細則第2号)

 

 (趣旨)

第1条 この細則は,名古屋工業大学若手研究イノベータ養成センター規則(平成21年6月24日制定。以下「規則」という。)第27条第2項の規定に基づき,若手教員評価部会(以下「部会」という。)に関し必要な事項を定める。

 (任務)

第2条 部会は,名古屋工業大学若手研究イノベータ養成センター(以下「センター」という。)に置く助教の中間評価及び最終評価について,総合的かつ専門的な審議を行う。

2 部会は,当該助教毎に設置するものとする。

 (評価の時期)

第3条 部会は,当該助教の採用の日から3年を経過した日以降に中間評価を,4年を経過した日以降に最終評価を実施する。

 (評価の方法)

第4条 部会は,研究成果及び業績報告書をもとに業績を評価するとともに,ピアレビューを実施してテニュア取得の可否を審議する。

 (組織)

第5条 部会は,次の各号に掲げる委員をもって組織する。

 一 研究コーディネータ

 二 国立大学法人名古屋工業大学の教員のうちセンター長が指名する者 若干名

 三 センター長が委嘱した学外の者 若干名

2 前項第3号の委員の資格等に関しては,別に定める。

(部会長)

第6条 部会に部会長を置き,部会長は,センター長が指名した研究コーディネータをもって充てる。

2 部会長は,部会を主宰する。

3 当該審査の対象となる被審査者を現に指導している者又は教育研究上の指導経験を有する者は,当該審査を実施する部会長を担当できない。

4 部会長に事故があるときは,センター長が指名した者がその職務を代行する。

 (報告)

第7条 部会長は,部会における評価結果を取りまとめ,若手教員評価委員会に報告するものとする。

 (部会の解散)

第8条 部会は,当該案件の若手教員評価委員会における審議の終了をもって解散する。

   附 則

 この細則は,平成27年4月22日から施行し,平成27年1月1日から適用する。